イベントを探す

6月23日()のイベント

  • 前日を見る
  • 明日を見る

ご利用にあたって

本ページは「箆柄暦」から情報を転載しております。できるだけ正確な情報を掲載するよう努めておりますが、全ての内容を保証するものではありません。本ページ掲載の情報をご活用の際には、ご自身での確認をお願いいたします。また、掲載内容に間違いがある場合はこちらからご連絡ください。

情報をお寄せください
催し物

14:00 慰霊祭 15:00 同窓会総会

  • 14:00
  • 南燈慰霊之塔(名護市)
催し物

6/22(金)18:30~20:30 前夜祭 6/23(土)18:30~20:30 本祭 新都心地区のシュガーローフは激しい戦闘が行われた場所。平和を願い新都心公園水の道から天空橋まで、竹灯ろうを設置して慰霊を行う。竹灯ろうに必要な竹は、阿蘇熊本震災復興支援事業の一環として、地震で甚大な被害を受けた熊本県益城町より取り寄せた。 6/23(土) 18:00 点灯式セレモニー 黙とう~空手演舞~那覇市長挨拶~ローソク点火入れ

  • 18:30~20:30
  • 那覇市新都心公園(那覇市)
  • 入場料:0円
催し物

  • 11:45
  • マティダ市民劇場(宮古島市)
  • 当日:0円
催し物

  • 14:00
  • 白梅之塔(糸満市)
催し物

沖縄では沖縄戦が終結した6/23を「慰霊の日」とし、全戦没者の追悼式を行う。8:00~10:00の間10分おきに県庁から無料シャトルバスの運行あり(事前申込不要、復路は式典終了後15:00頃まで運行)。当日は沖縄県平和祈念資料館・沖縄平和祈念堂が無料公開されるほか、資料館内で沖縄戦関連ビデオ上映会、生徒児童による平和メッセージ展も開催される。

  • 11:50~12:40
  • 沖縄県平和祈念公園(糸満市)
  • 当日:0円
催し物

●レクイエムコンサート ひめゆりの塔前 13:20

  • 14:00~15:30
  • ひめゆりの塔(糸満市)

那覇商業戦没者 慰霊祭

和魂の塔 慰霊祭
催し物

●同窓会総会・懇親会 7/20(金)18:30 沖縄県青年会館

  • 10:00
  • 和魂の塔(那覇市)
催し物

  • 10:00~11:10
  • 二中健児の塔(那覇市)
催し物

5/20~6月末頃まで開園(花の状態次第で開園期間は変更の可能性あり、Webサイト等で要確認)。

  • 9:00~18:30
  • よへなあじさい園(本部町)
  • 当日一般:400円/当日小中高生:200円

蓮・睡蓮まつり 2018

夏空に咲く蓮の花に囲まれ 観音様に祈るひとときを
催し物

6/16〜8/26開催 月〜木 9:00〜18:00(最終17:00) 金 9:00〜22:00(最終21:00) 土 6:30〜22:00(最終21:00) 日 6:30〜18:00(最終17:00) 梅雨明け頃から見頃を迎える蓮の花と睡蓮が、県内最大級の蓮池一面に広がり、美しく咲き誇る季節に開催されるまつり。蓮の花は朝いちばんに咲く性質をもっており、開花に合わせて土日は早朝6:30にオープン。ほのかに香る蓮の淡い香りと朝のグリーンな空気を全身で感じながら、植物鑑賞のほかにも、朝食や蓮体験など五感で楽しめる様々なプログラムを用意している。 ※朝食利用で大人入園料半額 イベント詳細 http://www.southeast-botanical.jp/events/detail.php?id=34

  • 6:30~22:00
  • 東南植物楽園(沖縄市)
  • 一般:1,500円/高校生:1,000円/小中学生:500円/6歳未満:0円

ビオスの丘ナイトツアー2018

ホタルを中心とした夜の昆虫観察ツアー
催し物

5/19〜6/30の期間中土日に開催。ホタルの観賞を中心に、小動物や植物たちの夜の姿・変化などを観察しながら、ガイドとともに約2時間の園内散策を楽しむ。雨天実施、要事前予約。

  • 19:00~21:00
  • ビオスの丘(うるま市)
  • 一般:1,500円/4歳〜小学生:1,000円/3歳以下膝上:0円
催し物

  • 17:30~19:30
  • サザンビーチホテル&リゾート(糸満市)
  • 当日:12,000円(定員100名)
催し物

  • 14:00
  • 開南健児之塔(糸満市)

第20回 沖縄県産本フェア

20th Anniversary 県産本よりアイを込めて
催し物

6/16〜7/4開催 沖縄の出版社が勢ぞろいして行われてきたブックフェアも、今年で20年目の区切りとなる。「県産本」という言葉もすっかり定着してきた。今年のテーマは、「県産本よりアイをこめて」。沖縄に関することならやはり県産本で。個性溢れる沖縄の出版社がお勧めする新刊、ベストセラー、懐かしい本、めったに店頭に並ばない本や、好評の格安バーゲンコーナーまで、充実のラインアップ。沖縄県産本に関するイベントも予定している。 ●『沖縄県産本総目録2018』無料進呈 沖縄県産本出版者17社、販売可能な約1000点の書籍情報を収録。索引付きで完全保存版。 ●沖縄県産本のあゆみ(パネル展示、目録展示など) 沖縄県産本の戦後から現在までのあゆみを紹介したパネル展示、さらに過去20回のフェアの目録やフライヤー、沖縄県産本ニュースなどの資料を展示。   ●フェア会場で県産本5000円以上購入者へ 「特製てぬぐい」進呈。先着順で枚数限定。 ●恒例 バーゲンフェア 県産本版元によるお買い得バーゲンコーナー。少し表紙の色が褪せたものなど格安で販売。掘り出し物多数。 ●店内イベント各種 リブロ店内にてトークショーなど県産本版元主催によるイベントを開催 6/16(土)16:00(沖縄時事出版) 『82さいの中学生 はっちゃん』出版記念トーク 6/20(水)17:00(沖縄県産本ネットーワーク、リブロ) 県産本フェア20年のあゆみ  6/30(土)14:00(東洋企画)いのうえちず編集長 『モモト」発売直前「ハワイと沖縄のつながり」 6/30日(土)17:00(ボーダーインク)新城和博 リブロからスタート。那覇まち歩き(事前にリブロに要申込み)

  • 10:00~20:30
  • リウボウブックセンターリブロ(那覇市)
  • 入場料:0円
催し物

6/22・23開催。 慰霊の日の前日と当日に、沖縄戦戦没者を慰霊し、平和を発信するためのイベント。 沖縄戦終焉の地である糸満市摩文仁の「平和の礎」には、沖縄戦で亡くなった日本・米国・英国・朝鮮半島・台湾の5カ国地域の戦没者名が刻まれている。これらの戦没者のトートーメー(位牌)として、白木の柱に見立てた5本のサーチライト「平和の光の柱」を夜空に向かって照射する。また、地上では73年前の沖縄戦の体験を若い世代に継承すべく、キャンドルを灯して慰霊と平和を発信する。 6/22(金) サーチライト点灯 平和の礎の「平和の火」点火 灯ろう流し コップキャンドル点灯 糸満高校「平和の歌声」の演奏 空手奉納 6/23(土) サーチライト点灯 平和の礎の「平和の火」点火 灯ろう流し ペットボトルキャンドル点灯 フルートライブ演奏

  • 沖縄県平和祈念公園(糸満市)
  • 入場料:0円
催し物

糸満ハーレーの前日に開催。 ※台風6合接近のため日程変更 6/16→6/23(土)糸満少年・少女バーレー/門中バーレー 6/17→6/24(日)糸満ハーレー

  • 13:00
  • 糸満漁港(糸満市)
  • 入場料:0円
催し物

  • さくまつ公園(金武町)

基地内フリーマーケット

キャンプ・コートニー(毎月第2・4・5週土日)
催し物

日本人も基地内へフリーパスで入れる。出店は米軍・軍属のID所持者限定。

  • 7:00~10:00
  • キャンプ・コートニー(うるま市)
音楽

[出演]新良幸人withサンデー/普天間かおり/やちむん(奈須重樹)/リクオ 他 新良幸人のうた・三線と、泡盛を楽しもうという趣旨で「慰霊の日」を静かに意識しつつ1991年にスタートしたイベント。毎回、多彩なゲストが出演。

  • 18:00
  • 桜坂劇場ホールA(那覇市)
  • 前売:4,000円/当日:4,500円/未成年:1,500円(要成人の同伴者)/未就学児膝上:0円(要保護者同伴)

AKIKO SPECIAL LIVE

ジャズライブ
音楽

[出演]AKIKO(vo)/城間巧介(g)

  • 21:00
  • Parker's Mood jazz club(那覇市)
  • 前売:2,500円(1ドリンク&1フード別途)/当日:3,000円(1ドリンク&1フード別途)
音楽

[出演]まちなとう・えつ子とぐり子

  • 20:00
  • D-Set Cafe(那覇市)
  • 当日:1,000円(1ドリンク別途)
音楽

[出演]ホルキーズ/ザ・ジーマミーズ /健二朗/新良光唄/黒島新/西原和希/そらん&こうたろう/山田なづ/春山祐季枝/サッチー/KEN子/Born ti Cafta

  • 18:00
  • groove(浦添市)
  • 一般:1,000円(1ドリンク別途)/高校生以下:0円(1ドリンク別途)
音楽

[出演]鮫肌尻子とダイナマイト(福岡)/HELL型/バラコクタイ/SHOCKING桃色/THE GOAT

  • 19:30
  • 騒音舎(沖縄市)
  • 前売:1,300円(飲食別途)/当日:1,800円(飲食別途)
音楽

[出演]屋良朝秋(p)/波平恵茂(b)/上原昌栄(dr)/スタンリー・ヘイズ(cl)

  • 21:15
  • 寓話(那覇市)
  • 当日:1,000円

井上公平 Wacoustic Live 2018

鎮魂の生音ライブ
音楽

[出演]井上公平(篠笛/三味線/和太鼓)/丸山力巨(g)/片野吾朗(b) 6/22(金)うるま市・ROSSO×ROSSO 6/23(土)中城村・とよむ 6/24(日)北中城村・中村家住宅

  • 18:00
  • とよむ(中城村)
  • チャージ:1,500円(飲食別途)
音楽

[出演]光永光&東京HEAD BLOW/LONDS OF THREE/藤沼伸一&RICO OA:DX x DX

  • 21:30
  • Cyber-Box(那覇市)
  • 前売:3,000円(1ドリンク別途)/当日:3,300円(1ドリンク別途)
音楽

[出演]玉城まさゆき&片山エリー/琉音/Soluna/Piscine/東有希惠(司会)

  • 20:00
  • MOD'S(北谷町)
  • チャージ:2,000円(1ドリンク別途)
音楽

[出演]奥間英樹/北人(ニシンチュ)/Rutumi(るつみ)

  • 20:30
  • ZIGZAG(沖縄市)
  • 当日:0円(投げ銭制)
音楽

[出演]知名勝(g)/吉田久美子(fl)

  • 20:00
  • music Rotary(嘉手納町)
  • 当日:1,000円(飲食別途)
音楽

演奏時間 1. 18:00~18:40(1F・ラナイ) 2. 19:40~20:20(1F・ラナイ) 3. 21:20~22:00(1F・ラナイ) [出演]むとうありさ(vo)/山城絵吏子(p)

  • 18:00~22:00
  • ホテルムーンビーチ(恩納村)
音楽

[出演]to overflow evidence(福島)/mims/EL TACOS/sonoray

  • 18:30
  • GIG昭和(那覇市)
  • チャージ:2,000円(1ドリンク別途)
音楽

リーダー照屋林賢が1977年に結成。三線、島太鼓などの沖縄の伝統楽器と、ドラムス、キーボード、ベースなどの現代的な楽器を巧みに融合させ、「沖縄ポップ」といわれる新しい音楽のスタイルを追求しているグループ。オリジナルの全楽曲を林賢が作・編曲し、それらの詩曲が歌姫・上原知子によって歌われる時、曲に生命が吹き込まれる。 [出演]りんけんバンド

  • 19:00
  • カラハーイ(北谷町)
  • 当日:4,500円
音楽

[出演]下本地崇(from博多)/TOMMY THE DINGO!(from東京)/堀切元気/ナカソネフミヨBAND

  • 20:00
  • fanfare(那覇市)
  • 当日:1,500円(1ドリンク別途)

Hitoshi

パレットスカイビアステーションライブ
音楽

[出演]Hitoshi

  • 19:00
  • パレットくもじ(那覇市)
  • 当日:0円(飲食別途)

与那覇歩ユニット

島唄ライブ
音楽

19:30/20:30/22:00(入替なし) [出演]与那覇歩/山城篤嗣/伊波はづき

  • 22:00
  • 沖縄かなぐすく(那覇市)
  • 当日:1,000円/当日小学生:500円/当日6歳未満:0円
音楽

沖縄発のイベントプロデュースJACKEROO'S(ジャックルーズ)の18周年記念イベント「ランチキナイト28 -half way-」前日に開催される前夜祭パーティー。 [出演]FUN-KOROGASHI/TAKA(GreenWorld)/Isamu(Loco Libre)/cheekcolor/祐日/JUO/後藤タカヒロ

  • 20:00~23:00
  • Human Stage(宜野湾市)
  • 当日:3,500円(飲み放題 食事付)

我如古より子 美らメンバー

沖縄エンターテインメントショー
音楽

ライブステージは19:00/20:00/21:00(入替なし) [出演]我如古より子

  • 19:00
  • SunSeaN-三線-(那覇市)
  • 当日一般:1,500円(飲食別途)/当日学生:1,200円(飲食別途)/当日中高生:1,000円(飲食別途)/当日小学生以下:0円(飲食別途)

ネーネーズ

『MAPAI』発売記念ライブ
音楽

沖縄音楽界の第一人者・知名定男がプロデュースする女性島唄POPグループ。オリジナルソングから沖縄民謡まで織り交ぜた、華やかな舞台で誰もが楽しめる。代表曲「IKAWU」「バイバイ沖縄」「黄金の花」など。 [出演]ネーネーズ

  • 19:00
  • ライブハウス島唄(那覇市)
  • 当日一般:2,000円/当日小中高生:1,000円/当日幼児:0円

ghen

EUREKAライブ第26弾
音楽

弦楽器奏者三人組ユニット「ghen」初ワンマンライブ。EUREKAの空間に、ゲンブリ、ギター、琴による異文化トランスサウンドが流れる。 ●ghen 2017年沖縄にて結成された弦楽器奏者三人組によるユニット。異文化トランスサウンドをテーマにした即興演奏を中心に壁のない音楽を演奏中。 津嶋としひと(歌、ゲンブリ):1999年からグナワ音楽修行中。ソロでは国境の無い音the firefly clanを制作・配信。 Paul Mahoux(g):2002年NewYorkより沖縄に移住。ギターとPCによるソロアーティストとして即興Live Loopingのライブ活動などを経て後継を指導中。 翁長良忠(琴):「箏曲研究所~石嶺~」主宰。純邦楽演奏家の家系に生まれ、海外で演奏など。 [出演]ghen:津嶋としひと(ゲンブリ)/Paul Mahoux(g)/翁長良忠(琴)

  • 20:00
  • ユリイカ(那覇市)
  • チャージ:0円(投げ銭制 1ドリンク別途)
音楽

[出演]猪又麻衣子(cello)/武田光史(p)/藤川幸(vn)/佐渡山安哉(va)

  • 16:00~18:00
  • パレット市民劇場(那覇市)
  • 前売:2,000円/前売学生:1,500円/当日:2,500円/当日学生:2,000円

宮里政雄トリオ

ジャズライブ
音楽

ホテル内のファンパブ「シュガーケイン」で21:15/22:15開催(各45分、入替なし)。 [出演]宮里政雄(p)/浦谷仁美(b)/GREENE(vo)

  • 21:15
  • ザ・ブセナテラス(名護市)
  • 当日:0円(飲食別途)
音楽

[出演]Yoshitoo!/大石みつのん&松井朝敬 ●大石みつのんツアー 6/21(木)那覇国際通り・寿来 6/23(土)那覇古波蔵・ぎおん祭り 6/24(日)宮古島・カラクヤ3号 6/25(月)宮古島・Big Chief

  • 20:00
  • ぎおん祭り(那覇市)
  • 一般:2,000円(定員50名)/高校生以下:1,000円(要保護者同伴 定員50名)/未就学児:0円(定員50名)
音楽

[出演]香川裕光

  • 20:30
  • JANG JANG(宮古島市)
  • 前売:2,000円(1ドリンク別途)/当日:2,500円(1ドリンク別途)

中田裕二

謡うロマン街道
音楽

[出演]中田裕二

  • 17:00
  • Top Note(那覇市)
  • 当日:4,000円(全席自由 整理番号付 1ドリンク別途)
音楽

チケット発売日:3/11(日) 前売取り扱い:プレイガイド(ローソン(L:82282) / eplus) / Outputメール予約:outputop@gmail.com [出演]高木フトシ/メカルジン/PORTRIVERS/SOAK

  • 19:00
  • Output(那覇市)
  • 前売:2,500円(ドリンク別途)

dream land vol.13

special guest:大城美佐子(唄三線)
音楽

[出演]大城美佐子(唄三線)/DJ光 他

  • 18:00
  • 喫茶カラーズ(那覇市)
  • チャージ:1,500円
音楽

ハイアットリージェンシー那覇沖縄の最上階18階「the bar(ザ・バー)」で行われるライブ。 第1ステージ 20:30~21:00 第2ステージ 21:30~22:00 第3ステージ 22:30~23:00 ドリンク 生ビール 1000円 カクテル各種 1200円~ ボトルワイン 3800円~ フード シェフお勧め本日の前菜盛り合わせ   2000円 ビーフカツレサンドイッチ フライポテト添え1800円 厚切りポテトチップス 500円 [出演]時任良治(vo)/宮里恵(p)

  • 20:00
  • ハイアットリージェンシー那覇沖縄(那覇市)
  • 当日:500円(税金別・サービス料別)

澤井毎里子 with 島山信和

Wonderful Music Night~Acoustic Sounds~
音楽

21:00/22:00(入替なし) [出演]澤井毎里子 with 島山信和

  • 21:00
  • 沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ バータイラ(恩納村)
  • 当日:0円(飲食別途)
音楽

[出演]ジョニーライヤーズ

  • 21:30
  • Music Bar F(沖縄市)
  • 当日:1,000円(1ドリンク別途)
音楽

第1部 wind ru mar 磯崎主佳(絵本朗読) はっと ゲスト:翁長巳酉 第2部 Born ti Cafta 迎里計/迎里中 ホルキーズ KEN子 [出演]wind ru mar/磯崎主佳(絵本朗読)/はっと/翁長巳酉/Born ti Cafta/迎里計/迎里中/ホルキーズ/KEN子

  • 19:00
  • アルテ崎山(那覇市)
  • 当日一般:1,000円(1ドリンク別途)/当日高校生以下:0円(1ドリンク別途)
音楽

[出演]仲田かおり

  • 20:00
  • 石垣リゾートグランヴィリオホテル
  • 当日:0円
音楽

[出演]Keigo/momimaru/切刃/DUB-OX

  • 15:00
  • Cyber-Box(那覇市)
  • 前売:2,000円(1ドリンク付)/当日:2,500円(1ドリンク付)
音楽

[出演]上西千波(vo)/櫻井萌(p) 6/22(金)国際通り・SOUND M'S 6/23(土)ハーバービュー通り・葡萄屋

  • 20:00
  • 葡萄屋(那覇市)
  • チャージ:2,000円(1ドリンク付)
音楽

6/22(金)ミヤロックビーチフェスティバル(前夜祭) 6/23(土)本祭 6/24(日)宮ロック大宴会大花火祭り(後夜祭) [出演] 6/23(土)ORANGE RANGE/SiM/10-FEET/MONOEYES/ヤバイTシャツ屋さん 他

  • 12:00
  • トゥリバー海浜公園(宮古島市)
  • 前売:6,000円/当日:7,000円/学生:4,000円(TSUTAYA沖縄宮古島店限定発売)

ネーネーズ

ニューアルバム『MAPAI』リリースLIVE
音楽

6/22・23開催 [出演]ネーネーズ

  • 19:00
  • ライブハウス島唄(那覇市)
  • 一般:2,000円/小中高生:1,000円/幼児:0円
音楽

19:00/20:00(入替なし、各30分) [出演]ハワイアンフラスタジオ チャーミングティアラ

  • 19:00
  • 沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ(恩納村)
  • 当日:0円

the pillows

RETURN TO THIRD MOVEMENT!VOL.2
音楽

[出演]the pillows

  • 18:00
  • 桜坂セントラル(那覇市)
  • 当日:4,320円
音楽

演奏曲目はJAZZのスタンダードナンバー。飛び入りの外人プレイヤーも参加して大人数のセッションになることも。  [出演]香村英史(p)/天野文一(tp)/清水浩(b)/天野和美(vo)

  • 21:00~1:00
  • KAM'S House(那覇市)
  • 当日:1,000円
音楽

[出演]古謝美佐子/南ぬ風人まーちゃん/あかまーみ/琉星太鼓/保育士芸能集団「新風」

  • 13:00
  • 南風原町立中央公民館(南風原町)
  • 前売:2,000円/前売学生:700円/当日:2,500円/当日学生:1,200円/未就学児:0円
音楽

[出演]伊良皆誠(vo)/知念輝行(gt)

  • 20:00~23:00
  • CoCoClub
  • 当日:2,000円

Blues Night in NAHA

三宅伸治/菊田俊介 他
音楽

[出演]三宅伸治/菊田俊介 OA:ビセガネ獣

  • 19:30
  • イタリアンレストラン&ライブハウスGala(那覇市)
  • チャージ:3,000円(飲食別途)

MAKO with 笹子重治

本場直送!ブラジリアンミュージック MAKO ライブツアー2018 夏[那覇編]
音楽

6/23(土)ライブ MAKOの本場直送ブラジリアンミュージックを、ブラジリアン・ギターの名手・笹子重治と共にお届け。 6/24(日)ワークショップ ブラジル、リオデジャネイロでMONOBLOCO、Mulheres de Chico、Pian Orquestraなどのグループでパーカッショニストとして活動しているMAKOが、長年の音楽活動で習得したリズムパターンを用い、受講者とブラジルのリズムを全身で感じ体験するワークショップ。 ライブ 2,500円 ワークショップ 2,000円 ライブ+ワークショプ 4,500円 ●ライブ+ワークショプのセット料金 前日にライブ鑑賞すると、ワークショップ参加費を500円割引。 ライブ料金2,500円+ワークショップ料金2,000円=4,500円 [出演]MAKO(vo)/笹子重治(g)

  • 20:00
  • SOUND M'S(那覇市)
  • 前売:2,500円/当日:3,000円/ライブ+ワークショプ:4,500円
伝統芸能

  • 18:00
  • 琉球新報ホール(那覇市)
  • 前売:4,000円/当日:4,500円
伝統芸能

6/1~25開催 慰霊の日(6月23日)に合わせ、終戦から復帰まで(1945年~1975年)の音楽の移り変わりを通して、戦後の沖縄の人達が、音楽を生きる糧としてきた歴史を振りかえる展示を行う。展示資料を眺めるだけで、その時代背景と音楽状況がわかる展示になっている。

  • 12:00~18:00
  • おんがく村(沖縄市)
  • 入場料:0円
伝統芸能

出演団体 野村流伝統芸能保存会・琉絃会

  • 10:30
  • タイムスホール(那覇市)

よしもとネタステージ

出演:星田英利/ダイノジ/くまだまさし/はんにゃ/ガンバレルーヤ/初恋クロマニヨン/ハイビスカスパーティー
演劇・舞台

[出演]星田英利/ダイノジ/くまだまさし/はんにゃ/ガンバレルーヤ/初恋クロマニヨン/ハイビスカスパーティー

  • 13:00
  • よしもと沖縄花月(那覇市)
  • 前売:2,000円/当日:2,500円/当日18歳以下:500円/当日4歳以下膝上:0円
演劇・舞台

[出演]Eyoko(唄い手)/山下リカ(読み手)

  • 14:00
  • 那覇市久茂地児童館(那覇市)
  • 入場料:0円
演劇・舞台

  • 11:50~12:05
  • 沖縄こどもの国(沖縄市)
  • 当日:0円(入場料別途)

お得なサタデーナイトネタライブ

出演:ダイノジ/くまだまさし/はんにゃ/ガンバレルーヤ/大屋あゆみ/初恋クロマニヨン/オーシャン/ハイビスカスパーティー
演劇・舞台

[出演]ダイノジ/くまだまさし/はんにゃ/ガンバレルーヤ/大屋あゆみ/初恋クロマニヨン/オーシャン/ハイビスカスパーティー

  • 19:00~20:00
  • よしもと沖縄花月(那覇市)
  • 前売:1,500円/当日:1,800円/当日18歳以下:500円/当日4歳以下膝上:0円
演劇・舞台

6/23(土)19:00 6/24(日)13:00/18:00

  • 19:00
  • 浦添市てだこホール小ホール(浦添市)
  • 前売:3,000円/当日:3,500円/前売小中高生:1,500円/当日小中高生:2,000円
演劇・舞台

[出演]オリジン・コーポレーションこきざみインディアン/ベンビー/リップサービス/じゅん選手/ノーブレーキ/しんとすけ/ココリッチ/すっとこどっこい/ぴろんぴろん下里/うきふね/パッパラーズ/グッドモーニング/わに先生/ゆきのぶ/みっきー/Kジャージ/りくえすと/でこりん/スズカーサーキットさーきー

  • 19:00
  • てんぶす那覇テンブスホール(那覇市)
  • 一般:1,500円/小学生:1,000円/未就学児膝上:0円
演劇・舞台

  • 18:30
  • 浦添市てだこホール小ホール(浦添市)
  • 前売:999円/前売高校生以下:500円/当日:1,499円/当日高校生以下:1,000円/膝上幼児:0円
演劇・舞台

  • 10:00
  • うるま市民芸術劇場燈ホール(うるま市)
  • 当日:0円
演劇・舞台

プログラム:朗読サークルぼーの 『マブニのアンマー』(赤座憲久/文 北島新平/絵) 『へいわってすてきだね』(安里有生/詩 長谷川義史/画) 『生きる』(谷川俊太郎/詩) 『わたしの「やめて」 戦争と平和を見つめる絵本』(自由と平和のための京大有志の会/文 塚本やすし/絵) [出演]朗読サークルぼーの

  • 11:30~12:00
  • 恩納村博物館(恩納村)
  • 入場料:0円
演劇・舞台

  • 13:00~22:00
  • CLUB TWISTER(宜野湾市)
  • 当日ワークショップ&パーティ:5,500円/当日パーティのみ:3,000円
演劇・舞台

  • 16:30
  • サンエー西原シティ(西原町)
演劇・舞台

  • 13:30
  • サンエー経塚シティ(浦添市)
演劇・舞台

  • 15:30
  • 沖縄コンベンションセンター劇場(宜野湾市)
  • 前売:3,000円/当日:3,500円
スポーツ

慶良間諸島・座間味島の古座間味ビーチから、約39km離れた那覇市泊港まで、風と漕ぎだけで帆掛けサバニを走らせるレース。6/23(土)島内レース(マリリンカップ)/ビーチクリーン/前夜祭等、6/24(日)本レース。

  • 古座間味ビーチ(座間味村)

FC琉球 vs アスルクラロ沼津

2018明治安田生命J3リーグ 第15節[HOME]
スポーツ

対戦:FC琉球/アスルクラロ沼津

  • 18:00
  • 沖縄県総合運動公園陸上競技場(沖縄市)
スポーツ

ウォーキング講師から正しい歩き方を学び、園内約1.8kmのコースを1時間ウォーキング。朝日を浴びながらウォーキングで体内時計がリセットされ身体のコンディションが整う。ウォーキングの合間には、東南植物楽園ガイドスタッフによる蓮ガイドも体験できる。終了後には、台湾朝食(お粥セット+点心+蓮茶)も楽しめる。 ●開催日 6/16(土) 6/23(土) 6/30(土) 7/07(土)

  • 7:00~8:00
  • 東南植物楽園(沖縄市)
  • 参加料:3,000円(ウォーキング&お粥セット+点心+蓮ガイド付)
講演・研修

  • 7:00~17:00
  • 沖縄コンベンションセンター会議場(宜野湾市)

海洋博公園ナイトツアー

暗闇の海洋博公園を探検しよう!
講演・研修

閉園後の夜の園内で夜行性の生きもの探しを楽しむツアー。10月まで毎月第2・第4土曜に開催。要事前予約(定員各日20名、1組5名までで先着順、前日18:00に受付締切)。

  • 18:45~22:00
  • 海洋博公園(本部町)
  • 当日:0円(要予約)
講演・研修

6/2~30の期間中、土日に開催。アカギ、ゲットウ、モクマオウ等の木の実を使ったネックレスなどのオリジナルアクセサリー作りと、見ごろの花を楽しみながら園内を散策する植物観察ツアーを実施(ツアーは要事前予約)。

  • 9:00~17:00
  • 熱帯・亜熱帯都市緑化植物園(本部町)
  • 参加費:0円
講演・研修

6/2~30の期間中、土日に開催。館内に隠れているキジムナーを探し、得られたキーワードをもとにクイズにチャレンジする。

  • 10:00~18:00
  • 熱帯ドリームセンター(本部町)
  • 参加費:0円(入館料別途)
講演・研修

会場:浦添大公園南エントランス多目的室 [出演]講師:吉嶺裕司(昆虫切り絵作家)

  • 9:30~11:30
  • 浦添大公園(浦添市)
  • 当日:500円(定員30名)
講演・研修

6/23(土)〜24(日)開催 ガイド:名嘉猛留(archae代表) 会場:八重岳ベーカリー(本部町字伊豆味1254) 山の上のパンやさん、八重岳ベーカリーの敷地内で、一泊二日の自然観察会を行う。観察会のみの参加も可能。昼・夜の観察会と採蜜体験(はちみつ絞り体験)を行う。 ●スケジュール 6/23(土) 14:00 八重岳ベーカリー集合・チェックイン 15:00〜16:30  昼の観察会  「梅雨明けの多様な生き物たちの観察」 18:00〜19:00 夕食(野菜カレーと玄米ごはん) 19:30〜21:00  夜の観察会  「ふくろうなどの夜の生き物観察・ライトトラップ」  入浴・就寝 6/24(日) 07:00〜08:00 朝食(八重岳ベーカリーのパンと野菜スープ) 09:00〜10:30  採蜜体験  「ミツバチの話と採蜜体験・試食」 11:00〜 チェックアウト・解散 ●参加費 一般  7,000円 子ども 3,500円(5歳〜小学生まで) *宿泊費・ツアー代・保険込み *5歳未満は保険料のみ500円 *観察会のみの参加も可能(各1回一般3,000円 子ども1,500円) *宿泊先:八重岳ゲストハウス(八重岳ベーカリー敷地内) ●申込み 6/15(木)まで 保険加入のため、全員分の下記内容を記入 名前(ふりがな)/性別/生年月日/住所/電話番号

  • 15:00~0:00
  • 八重岳ベーカリー(本部町)
  • 一般:7,000円(宿泊費・ツアー代・保険料込)/5歳〜小学生:3,500円(宿泊費・ツアー代・保険料込)/5歳未満:500円(保険料のみ)
講演・研修

6/1~7/1開催(火曜休)。平和や人権、清掃体験などをテーマとした、未来をかんがえる絵本の企画展。

  • 9:30~17:30
  • 沖縄こどもの国(沖縄市)
  • 観覧料:0円(入場料別途)
講演・研修

自然素材でマグネット作り 6/2~7/1(土日のみ) ハーバリウム作り体験 6/2~30(土日のみ)

  • 9:00~17:00
  • 熱帯ドリームセンター(本部町)
  • マグネット作り:0円(入館料別途)/ハーバリウム作り:800円(入館料別途)
講演・研修

ワークショップ(1) 15:00~16:30 「ホクレア号について」  ホクレア号にまつわる祝詞「O iwi e」「 Ua hiti e」 ワークショップ(2) 17:00~18:30 「ハワイ島の神話について~Pele~ 」  「Holo mai Pele」フラカヒコ ワークショップ(3) 19:00~20:30 「ハワイ島の神話について~Lehua~」  「Lei Lihilihi Lehua」by Kuana Torres Kahele  フラアウアナ クムフラ ジェームス・キモ ホノルル・ハレイワ生まれ。ハワイ島在住。ハワイ島ヒロを拠点とするHalau Na Po'e A'o Hiwaのクムフラ。ハワイ語、フラ芸術、ハワイの伝統などに精通し、地域のスピリチュアルな指導者として数多くの伝統的行事に招致され、ハワイの歴史や神話、アロハ哲学、古代フラを伝承している。また、ヒロ教育委員会、ケアウカハ小学校、セントジョセフ高校、ハワイ大学ヒロ校など数多くの現地校でハワイ文化の教鞭をとり、文化伝承プログラム育成や薬学部のハワイアン薬学特別講師も務めている。 [出演]講師:クムフラ ジェームス・キモ

  • 15:00~20:30
  • 宜野座村文化センターがらまんホール(宜野座村)
  • 1講座:4,000円/2講座:7,500円/3講座:11,000円
講演・研修

6/9~7/8開催。世界自然遺産候補地の奄美(奄美大島・徳之島)、やんばる(沖縄島北部)、西表島にスポットライトをあて、各地域の自然豊かな環境に生育する貴重な植物を紹介。植物の生体や標本展示に加え、天然記念物に指定されているヤンバルクイナやリュウキュウヤマガメなどの写真、標本も展示する。

  • 8:30~19:00
  • 熱帯ドリームセンター(本部町)
  • 大人入場料:760円/中学生以下入場料:0円
講演・研修

6/9~7/1開催(火曜休)。「希望」をテーマに制作された紅型作品を展示。

  • 9:30~17:30
  • 沖縄こどもの国(沖縄市)
  • 観覧料:0円(入場料別途)
アート

6/19~24開催 最終日17:00まで

  • 10:00~19:00
  • 那覇市民ギャラリー(那覇市)
  • 入場料:0円
アート

6/19~24開催 最終日17:00まで

  • 10:00~19:00
  • 那覇市民ギャラリー(那覇市)
  • 入場料:0円

マブニ・ピースプロジェクト沖縄2018

Vol.3 キャンプタルガニー アーティスティックファームサイト
アート

マブニ・ピースプロジェクト沖縄は「平和と鎮魂」を永遠のメインテーマとして、糸満市および那覇市内のさまざまな会場で、「慰霊の日」のある6月に開催するアート・プロジェクト。2018年は「平和への灯台」をテーマに、多数のアーティストの作品を展示する。すべて入場無料。 ●Vol.1 沖縄県平和祈念資料館企画展示室・平和の灯への芝広場 6/4(月)~23(土)9:00~17:00(芝広場は日没まで) ●Vol.2 白梅の塔 6/4(月)~23(土)※日没まで ●Vol.3 キャンプタルガニー アーティスティックファーム 6/8(金)~10(日)、15(金)~17(日)、22(金)~23(土)11:00~日没まで ●Vol.4 次世代プロジェクト@糸満市庁舎1Fロビー 6/19(火)~29(金)8:30~19:00(最終日13:00まで) ※糸満市内の美術部の中高生たちが平和をテーマに制作した作品を展示 ●Vol.5 ウチナーグチ演劇集団「比嘉座」&琉球弧を記録する会「島クトゥバで語る戦世」の会 6/17(日)19:30@キャンプタルガニーアーティスティックファーム 6/30(土)14:00@糸満市真栄平コミュニティセンター ※6/30は糸満市教育委員会編「市民が語る戦中戦後史」証言の上映あり ●Vol.6 ギャラリートーク&ツアー&ミーティング 6/10(日)14:00 ※平和祈念資料館企画展示室~芝広場~キャンプタルガニーを巡回しながら、作家が作品を語る。タルガニーでは鑑賞者との交流会も実施。 ●Vol.7 ひめゆりピースホール 6/4(月)~10(日)13:00~20:00 ※初日は16:00よりオープニングトークあり ●Vol.8 関連シンポジウム「済州島・沖縄―戦場の記憶とアート」 6/24(日)14:00~17:00@沖縄県立博物館・美術館 博物館講座室 ※「4.3事件」をテーマに制作する済州島アーティストとマブニを結ぶセッション ●出品作家・団体 [国内]新垣安雄(平面・立体)/石垣克子(平面・インスタレーション)/磯崎主佳(平面)/上原秀樹(インスタレーション)/浦田健二(平面)/大城讓(平面)/川平惠造(平面インスタレーション)/木村仁(立体)/儀保克幸(立体)/児玉美咲(平面・インスタレーション)/齋悠記(平面)/下地康子(染織)/杉田龍(平面)/平良亜弥(インスタレーション)/高畠愛子(平面)/高良憲義(平面・インスタレーション)/仲里安広(インスタレーション)/花城勉(インスタレーション)/比嘉豊光(写真・映像)/平岡昌也(インスタレーション)/山岸遼士(平面・日本画)/与那覇大智(平面)/ウチナーグチ演劇集団「比嘉座」/琉球弧を記録する会 [海外]台湾:林怡君(インスタレーション)/韓国:高吉千(平面)/金姈禾(インスタレーション)/朴京勳(平面)/金洙範(写真)/鄭容成(平面)

  • 11:00
  • キャンプタルガニー(糸満市)
  • 入場料:0円
アート

6/19~24開催(最終日17:00まで)。

  • 10:00~19:00
  • 那覇市民ギャラリー(那覇市)
  • 当日:0円
アート

6/21~25開催

  • 10:00~17:00
  • 沖縄県立芸術大学附属図書・芸術資料館(那覇市)
  • 当日:0円
アート

4/27〜6/24開催 金土20:00まで 月曜休館、5/1(火)休館 ただし、4/30(月)開館 出品作家:吉増剛造 赤瀬川原平/芥川龍之介/荒木経惟/石川啄木/浦上玉堂/折口信夫/加納光於/川合小梅/川端康成/北村透谷/島尾敏雄/島尾ミホ/瀧口修造/東松照明/中上健次/中西夏之/中平卓馬/奈良原一高/西脇順三郎/萩原朔太郎/柳田國男/吉本隆明/松尾芭蕉/南方熊楠/森山大道/与謝蕪村/良寛/若林奮 関連イベント ●オープニング・アーティストトーク 4/27(金)10:00 無料 要当日有効の観覧券 トーク:吉増剛造  ●対談「螺旋から地底へ」 吉増剛造×鶴岡真弓(多摩美術大学芸術人類学研究所所長・教授) 4/29(日)14:00 無料 ●ギャラリートーク トーク:篠原誠司(足利市立美術館学芸員) 5/27(日)14:00 無料 要当日有効の観覧券 ●ワークショップ “K-oto-ba”コレクティブ・オーケストラ feat. 吉増剛造・大友良英 (企画協力:有馬恵子) 6/10(日)13:00 博物館講座室 無料 対象:小学校3年生〜18歳くらい 定員40名 事前申し込み制 持ち物:楽器や音の出るもの、筆記用具

  • 9:00~20:00
  • 沖縄県立博物館・美術館(那覇市)
  • 一般:1,000円/高大生:600円/小中学生:300円

企画展「沖縄県の戦争遺跡〜前田高地から首里まで〜」

沖縄県立埋蔵文化財センター・浦添市教育委員会 合同企画
アート

6/5〜6/24開催 月曜日・祝日休(慰霊の日は開館) 月曜祝日の場合火曜日も休館。 浦添市のほぼ中央に位置する浦添城跡は、沖縄戦時には「前田高地」と呼ばれ、日米両軍による激しい戦闘が行われた場所だった。近年は、沖縄戦を描いた映画『ハクソー・リッジ』の舞台として注目され、世界中から見学者が訪れている。沖縄県立埋蔵文化財センターと浦添市教育委員会では、前田高地を含め、前田・経塚地区や首里の戦争遺跡を通して、浦添地域の周辺と戦争をテーマにした展示会を3会場で共同開催する。会期中は展示会場とあわせて前田高地の現地を実際に見学できる企画も予定している。 ●展示開催 6/5〜6/24開催 沖縄県立埋蔵文化財センター 6/5〜9/2開催 浦添グスク・ようどれ館 浦添大公園南エントランス管理事務所多目的室 詳細は、チラシ画像参照 ●現地見学 1)「前田高地の戦跡めぐり」 6/24(日) ※雨天中止 8:30〜12:00 300円 浦添グスク・ようどれ館 2)「戦跡・前田高地をあるく」 6/30〜9/1までの毎週土曜日午前 6/30、7/7・14・21、8/4・11・18、9/1(全8回) 10:00〜11:30 500円 見学は、各回要申し込み 浦添グスク・ようどれ館 098-874-9345

  • 9:00~17:00
  • 沖縄県立埋蔵文化財センター(西原町)
  • 入場料:0円
アート

6/19~25開催

  • 10:00~20:30
  • リウボウ美術サロン(那覇市)
  • 当日:0円
アート

6/16〜24開催 参加工房:玩具ロードワークス/木漆とけし/琉球玩具製作所こくら/ニャン山/スタジオde-jin/IDEAにんべん/紅型だいだい/言事堂/小孫哲太郎/han☆(もとおかなつみ)

  • 10:00~20:00
  • 桜坂劇場ふくら舎(那覇市)
  • 入場料:0円

沖縄の傷痕展

愛楽園・写真と陶彫のコラボレーション
アート

4/1〜8/31開催 月曜・祝日休館 約40年前に愛楽園で撮られた写真と、近年沖縄戦や愛楽園をテーマに作品を制作している彫陶家のコラボレーション展です。 関連イベント 4/20(金)14:30 講談風語り「風の鳴る丘」沖縄愛楽園編 7/01(日)14:00 ギャラリートーク鈴木幹雄×伊志嶺達雄 7/15(日)14:00 ボランティアガイドと園内を歩こう

  • 10:00~17:00
  • 沖縄愛楽園交流会館(名護市)
  • 入場料:0円

企画展「沖縄県の戦争遺跡〜前田高地から首里まで〜」

沖縄県立埋蔵文化財センター・浦添市教育委員会 合同企画
アート

6/5〜9/2開催 月曜日休館(祝日の場合開館) 浦添市のほぼ中央に位置する浦添城跡は、沖縄戦時には「前田高地」と呼ばれ、日米両軍による激しい戦闘が行われた場所だった。近年は、沖縄戦を描いた映画『ハクソー・リッジ』の舞台として注目され、世界中から見学者が訪れている。沖縄県立埋蔵文化財センターと浦添市教育委員会では、前田高地を含め、前田・経塚地区や首里の戦争遺跡を通して、浦添地域の周辺と戦争をテーマにした展示会を3会場で共同開催する。会期中は展示会場とあわせて前田高地の現地を実際に見学できる企画も予定している。 ●展示開催 6/5〜6/24開催 沖縄県立埋蔵文化財センター 6/5〜9/2開催 浦添グスク・ようどれ館 浦添大公園南エントランス管理事務所多目的室 詳細は、チラシ画像参照 ●現地見学 1)「前田高地の戦跡めぐり」 6/24(日) ※雨天中止 8:30〜12:00 300円 浦添グスク・ようどれ館 2)「戦跡・前田高地をあるく」 6/30〜9/1までの毎週土曜日午前 6/30、7/7・14・21、8/4・11・18、9/1(全8回) 10:00〜11:30 500円 見学は、各回要申し込み 浦添グスク・ようどれ館 098-874-9345

  • 9:00~17:00
  • 浦添グスク・ようどれ館(浦添市)
  • 一般:100円/小中学生:50円(浦添市内小中学生は無料)

画家 なかがわ せいいちろう 個展

”A broken clock is right twice a day” 壊れた時計も、日に二度は正しい。
アート

6/6~7/2開催 火曜定休 月曜11:30から なかがわ せいいちろう 1974年生まれ 神奈川県横浜市出身 2005年より独学で油彩を描き始める 2010年より沖縄県読谷村にアトリエを移す 2011年 絵本『なにしているの?』出版 他、個展多数

  • 7:30~9:00
  • CAFE UNIZON(宜野湾市)
  • 当日:0円(飲食別途)
アート

6/5~7/1開催 沖縄戦が近づいてきた頃、当時の豊見城村では男性たちが戦争へ召集されていき、一家を託されたのは残された女性たちだった。女性たちは、大切な家族を守らなければならない責任と戦争への不安を抱えながら沖縄戦を迎え、戦闘に巻き込まれていった。本展では、豊見城村出身の女性たちの戦争体験を中心に、豊見城村で起こった沖縄戦について考える。女性が体験した戦争を知ることで、沖縄戦の実相を多角的な視点から学び、改めて平和の尊さを学ぶ。

  • 9:00~17:00
  • 豊見城市歴史民俗資料展示室(豊見城市)
  • 入場料:0円
アート

5/9~6/30開催。平成29年4月~30年3月に撮影された野鳥の写真と、粟国島で見られる花の写真を展示。

  • 8:30~19:00
  • 島あしび館(粟国村)
  • 当日:0円
アート

6/22~7/22 期間中の金土日・祝日開催 オーガニックファームドミンゴの畑主である宮城佳久の展覧会を開催。宮城は東京にて写真を学んだ後、自身の故郷である沖縄本島に帰り 、友人により畑へと招かれて共に農作を始める。自然の力に魅了されることになった宮城は、栽培の傍、写真やドローイングなどで風景の記録をおこなってきた。今回の展覧会では、これまで撮りためた記録の一部に合わせ、開催中に起こる出来事などを変化を伴いながら展示する。 宮城佳久 / みやぎ・よしひさ 1984年沖縄生まれ。東京総合写真専門学校卒業。オーガニックファームドミンゴを沖縄県南城市にて運営。

  • 11:00~19:00
  • Arts Tropical(那覇市)
  • 当日:0円

わくアニ展

「アニマル」がテーマのアート公募展
アート

6/20〜26開催 最終日19:00まで 「アニマル」がテーマの展示会。ライオンやキリン、ペンギンからイヌやネコ、はたまたロボットゾウから頭の中のアニマルたちまで、ジャンル・形態にとらわれない自由なアートを展示。

  • 12:00~21:00
  • キュリオシティーズ(那覇市)
  • 入場料:0円
アート

3/24~7/16開催

  • 11:00~20:00
  • ボクネン美術館(北谷町)
  • 当日一般:800円/当日高校生以下:500円/当日未就学児:0円/当日シニア:400円
アート

6/22~7/1開催。 350年余りの歴史を持つ「壺屋焼」は、長い歴史の中で移り変わる時代の変化に寄り添いながら、現代まで受け継がれている。先代の技術や想いを受け、新たな壺屋焼に挑戦し続ける若手10名のグループ展。 ◆出展作家 赤嶺肇幸(窯・摩実工)/新垣寛(新垣製陶所)/新垣優人(やちむん家)/石倉一人(石倉陶器所)/賀数郁美(やちむん工房 結)/金城吉彦(金城製陶所)/小橋川明史 (清正陶器明史工房)/相馬大作(陶眞窯)/玉城望(陶藝玉城)/髙江洲康史(髙江洲陶器所)

  • 9:00~20:00
  • 那覇市伝統工芸館(那覇市)
  • 入場料:0円
アート

マブニ・ピースプロジェクト沖縄は「平和と鎮魂」を永遠のメインテーマとして、糸満市および那覇市内のさまざまな会場で、「慰霊の日」のある6月に開催するアート・プロジェクト。2018年は「平和への灯台」をテーマに、多数のアーティストの作品を展示する。すべて入場無料。 ●Vol.1 沖縄県平和祈念資料館企画展示室・平和の灯への芝広場 6/4(月)~23(土)9:00~17:00(芝広場は日没まで) ●Vol.2 白梅の塔 6/4(月)~23(土)※日没まで ●Vol.3 キャンプタルガニー アーティスティックファーム 6/8(金)~10(日)、15(金)~17(日)、22(金)~23(土)11:00~日没まで ●Vol.4 次世代プロジェクト@糸満市庁舎1Fロビー 6/19(火)~29(金)8:30~19:00(最終日13:00まで) ※糸満市内の美術部の中高生たちが平和をテーマに制作した作品を展示 ●Vol.5 ウチナーグチ演劇集団「比嘉座」&琉球弧を記録する会「島クトゥバで語る戦世」の会 6/17(日)19:30@キャンプタルガニーアーティスティックファーム 6/30(土)14:00@糸満市真栄平コミュニティセンター ※6/30は糸満市教育委員会編「市民が語る戦中戦後史」証言の上映あり ●Vol.6 ギャラリートーク&ツアー&ミーティング 6/10(日)14:00 ※平和祈念資料館企画展示室~芝広場~キャンプタルガニーを巡回しながら、作家が作品を語る。タルガニーでは鑑賞者との交流会も実施。 ●Vol.7 ひめゆりピースホール 6/4(月)~10(日)13:00~20:00 ※初日は16:00よりオープニングトークあり ●Vol.8 関連シンポジウム「済州島・沖縄―戦場の記憶とアート」 6/24(日)14:00~17:00@沖縄県立博物館・美術館 博物館講座室 ※「4.3事件」をテーマに制作する済州島アーティストとマブニを結ぶセッション ●出品作家・団体 [国内]新垣安雄(平面・立体)/石垣克子(平面・インスタレーション)/磯崎主佳(平面)/上原秀樹(インスタレーション)/浦田健二(平面)/大城讓(平面)/川平惠造(平面インスタレーション)/木村仁(立体)/儀保克幸(立体)/児玉美咲(平面・インスタレーション)/齋悠記(平面)/下地康子(染織)/杉田龍(平面)/平良亜弥(インスタレーション)/高畠愛子(平面)/高良憲義(平面・インスタレーション)/仲里安広(インスタレーション)/花城勉(インスタレーション)/比嘉豊光(写真・映像)/平岡昌也(インスタレーション)/山岸遼士(平面・日本画)/与那覇大智(平面)/ウチナーグチ演劇集団「比嘉座」/琉球弧を記録する会 [海外]台湾:林怡君(インスタレーション)/韓国:高吉千(平面)/金姈禾(インスタレーション)/朴京勳(平面)/金洙範(写真)/鄭容成(平面)

  • 沖縄県平和祈念資料館(糸満市)
  • 入場料:0円

「王家の秘宝」

首里城公園企画展
アート

4/20(金)~7/3(火)開催。首里城を居城とした琉球国王家の調度品であった可能性が高い逸品(漆芸・刀剣・絵画・書跡・染織)を紹介する。

  • 8:30~19:00
  • 首里城公園黄金御殿(那覇市)
  • 当日一般:820円/当日高校生:620円/当日小中学生:310円/当日6歳未満:0円
アート

6/15・16・17、22・23・24開催 沖縄県にあるアートスペース「BARRAK」では、「BARRAK INDEPENDANTS バラックアンデパンダン-生き抜くために、創るのだ。」を開催。スローガン「生き抜くために、創るのだ。」に賛同する作品をひろく募集し、参加者が自由に展示を行う。 ●会期中のイベント Vote「生き抜ける大賞」 会期中に来場者の投票から「BARRAK アンデパンダン生き抜ける大賞」を決定する。大賞作品は、2018年9月14〜15日(予定)にタイ王国・バンコクで開催する「BARRAK in Bangkok Biennial」に、BARRAKと一緒に参加していただく。大賞者には、那覇ーバンコク往復航空券および現地宿泊先を準備。 オープニングパーティ 6/15(金)18:00 - 20:00 1品持ち寄り・カンパ制 BARRAK1 BARRAKアンデパンダン特別企画「Meets vol.9 :会田誠」 講師:会田誠(画家・現代美術家) 6/22(金)18:00 - 20:00 1品持ち寄り・カンパ制 会場:BARRAK1 クロージングパーティ 6/24(日)18:00 - 20:00 1品持ち寄り・カンパ制 BARRAK1 「BARRAK アンデパンダン生き抜ける大賞」発表あり

  • 12:00~20:00
  • BARRAK(那覇市)
  • 入場料:0円(カンパ制)
アート

4/13(金)~7/3(火)開催。沖縄の年中行事である清明祭(墓参り)・GW時に合わせて、琉球王国時代の野外での行楽時に使用する道具(提重・重箱・湯庫(タァークー))をご紹介する。

  • 8:30~19:00
  • 首里城公園南殿(那覇市)
  • 当日一般:820円/当日高校生:620円/当日小中学生:310円/当日6歳未満:0円
アート

5/25〜7/1開催 月曜休館・慰霊の日休館 2017年度、博物館が収集した資料をお披露目する。沖縄市のことを伝える、大切な品々を展示。

  • 9:00~17:00
  • 沖縄市立郷土博物館(沖縄市)
  • 入場料:0円

「作家 大城立裕」展

国立劇場おきなわ 平成30年度 第1回企画展
アート

4/14~6/24開催 沖縄で初めて芥川賞を受賞した、大城立裕の執筆した新作組踊や沖縄芝居の衣装や小道具、舞台写真、直筆原稿など、幅広い創作活動の世界を紹介する。 ●トークイベント 4/14(土) 出演:大城立裕(芥川賞作家)

  • 10:00~18:00
  • 国立劇場おきなわ資料展示室(浦添市)
  • 当日:0円
アート

2/23〜6/24開催 月曜日休館(月曜が祝日の場合は翌日休館) 金土20:00まで 近現代の沖縄美術のコレクションを紹介する。

  • 9:00~20:00
  • 沖縄県立博物館・美術館(那覇市)
  • 一般:310円(20名以上の団体料金250円)/高大生:210円(20名以上の団体料金170円)/小中生:100円(20名以上の団体料金80円 県内小学生無料)/未就学児:0円/70歳以上:0円(要身分証提示)/障がい者手帳所持者:0円(介助者1名無料)

第35回 沖縄県支部展2018

日本現代美術協会
アート

6/19~24開催

  • 沖縄県立博物館・美術館(那覇市)

青猫 Tシャツ展 vol.2

Aoneko T-shirts Exhibition
アート

6/23〜7/8開催 月曜休廊 「アートを着る」をテーマに、Tシャツユニット「aoneko(アオネコ)」がコラボ展を開催。アートをもっと身近に感じられるTシャツを展示販売する。原画も同時販売する。 ●「aoneko(アオネコ)」 沖縄在住の絵画アーティスト崎山幸郎、火と水(宇座)、Romellで結成。 各、東京代官山のギャラリー「ARTS RUSH(アートラッシュ)」所属アーティスト。 毎年沖縄県立博物館・美術館で開催されているアーティストオリジナルの創作絵本展覧会「My piece art project」では絵本作家としても活躍している。

  • 11:00~17:00
  • soranoe(沖縄市)
  • 入場料:0円
アート

5/28〜7/10開催 生命の象徴であり、大切に守られるべき存在の「母と子」に焦点をあてた企画展。鉄の暴風が吹き荒れる沖縄で「母と子」が直面した様々な出来事を体験者の証言や写真・絵などで追体験しながら、多くの住民が犠牲となった沖縄戦について理解を深める。

  • 9:00~17:00
  • 沖縄県平和祈念資料館(糸満市)
  • 入場料:0円
アート

6/15〜7/15開催 月曜日休館

  • 10:00~18:00
  • 名護博物館ギャラリー(名護市)
  • 入場料:0円
アート

5/22〜6/24開催 金土20:00まで 月曜休館 前年度の新収蔵資料の数々を一堂に紹介する毎年恒例の新収蔵品展。平成29年度は、植物化石や琉球古典焼などの資料を寄贈いただいている。

  • 9:00~20:00
  • 沖縄県立博物館・美術館(那覇市)
  • 入場料:0円

企画展「沖縄県の戦争遺跡〜前田高地から首里まで〜」

沖縄県立埋蔵文化財センター・浦添市教育委員会 合同企画
アート

6/5〜9/2開催 月曜日休館(祝日の場合開館) 7/28は休館 浦添市のほぼ中央に位置する浦添城跡は、沖縄戦時には「前田高地」と呼ばれ、日米両軍による激しい戦闘が行われた場所だった。近年は、沖縄戦を描いた映画『ハクソー・リッジ』の舞台として注目され、世界中から見学者が訪れている。沖縄県立埋蔵文化財センターと浦添市教育委員会では、前田高地を含め、前田・経塚地区や首里の戦争遺跡を通して、浦添地域の周辺と戦争をテーマにした展示会を3会場で共同開催する。会期中は展示会場とあわせて前田高地の現地を実際に見学できる企画も予定している。 ●展示開催 6/5〜6/24開催 沖縄県立埋蔵文化財センター 6/5〜9/2開催 浦添グスク・ようどれ館 浦添大公園南エントランス管理事務所多目的室 詳細は、チラシ画像参照 ●現地見学 1)「前田高地の戦跡めぐり」 6/24(日) ※雨天中止 8:30〜12:00 300円 浦添グスク・ようどれ館 2)「戦跡・前田高地をあるく」 6/30〜9/1までの毎週土曜日午前 6/30、7/7・14・21、8/4・11・18、9/1(全8回) 10:00〜11:30 500円 見学は、各回要申し込み 浦添グスク・ようどれ館 098-874-9345

  • 9:00~17:00
  • 浦添大公園(浦添市)
  • 入場料:0円
アート

2017/12/1(金)〜2019/3/31(日)開催 私たちがいなくなっても、ひめゆりの戦争体験を伝え続けたい。元ひめゆり学徒たちは、戦争体験のない職員と一緒に伝える仕事をしながら、資料館の世代交代を進めてきた。戦争体験を未来につなぐために進めてきたこれまでの取り組みと、ヨーロッパ平和交流の旅の報告を行う。 ●ギャラリートーク 2018/1/28(日)14:30〜15:30 海外の平和博物館を視察した職員が各館の展示手法等を報告する。

  • 9:00~17:00
  • ひめゆり平和祈念資料館(糸満市)
  • 一般:310円/高校生:210円/小中学生:110円

伝動詩人えいた 書き下ろし個展

世界で1つだけの宝物ギフト
アート

6/23・24開催(2日目は11:00~)。相手の目を見てインスピレーションで色と詩を書く「伝動詩人えいた」の沖縄ピースツアー。各日とも先着100人に無料作品プレゼント、16:00~16:30に巨大書き下ろしパフォーマンスあり。

  • 13:00~20:00
  • イオンモール沖縄ライカム(北中城村)

平敷兼七と小原佐和子『渚』

平敷兼七 二人展シリーズ vol.9
アート

5/12~8/3開催 火曜休廊 ●ポートフォリオレビュー 5/12(土)13:00 土田ヒロミ ●トークイベント 5/13(日)14:00 土田ヒロミ/小原佐和子/タイラジュン

  • 10:00~18:00
  • 平敷兼七ギャラリー(浦添市)
  • 一般:500円/高校生以下:0円
アート

2/23〜6/24開催 月曜日休館(月曜が祝日の場合は翌日休館) 金土20:00まで 「大和(だいわ)コレクション」とは日本を代表するコレクターにより収集され当館に寄託(一定の期間借用)されたコレクションで、本展覧会ではその中から選りすぐりの現代美術作品を紹介する。

  • 9:00~20:00
  • 沖縄県立博物館・美術館(那覇市)
  • 一般:310円(20名以上の団体料金250円)/高大生:210円(20名以上の団体料金170円)/小中生:100円(20名以上の団体料金80円 県内小学生無料)/未就学児:0円/70歳以上:0円(要身分証提示)/障がい者手帳所持者:0円(介助者1名無料)
アート

6/1〜7/1開催 月曜日・祝日休 月曜祝日の場合火曜日も休館

  • 9:00~17:00
  • 沖縄県立埋蔵文化財センター(西原町)
  • 入場料:0円
アート

6/16〜24開催 ●Gallery Talk 仲里功(映像評論家・大東島出身) × 新垣辰雄 6/16(土)18:00 500円 1ドリンク付

  • 13:00~19:00
  • FotoSpace Reago(那覇市)
  • 入場料:0円
アート

5/23〜6/24開催

  • 10:00~22:00
  • 桜坂劇場ふくら舎(那覇市)
  • 入場料:0円

「人間国宝 金城次郎」展

久髙民藝店 50周年記念
アート

6/22〜26開催。主催:久髙民藝店・ギャラリー杜ぐすく 金城次郎は、1985年に沖縄県で初の人間国宝(国指定重要無形文化財保持者)に認定された「陶工」で、県内では「魚文の次郎」さんとしてよく知られている。しかし、その知名度のわりに、誤解されたり、よく知られているはずの功績が意外に評価されていなかったり、ということも多い。本展では『人間国宝・金城次郎』の本当の功績はどこにあったのか、その真価を次郎さんの作品を通して明らかにする。 まず「魚文の次郎」さんとして有名なために、多くの人びとは魚文によって、次郎さんが人間国宝になったと考えやすい。しかし、実際は、文化庁の認定で「琉球陶器」の人間国宝になったのは、次郎さんが窯を読谷に移して魚文の大皿や花瓶をたくさんつくるようになってからの作品が評価されたのではなく、その前の、壺屋時代の伝統的なかたちや模様の日用品、マカイや皿、チューカーや酒器などの雑器が高く評価されたのだった。けれども、この壺屋時代の金城次郎作品の多くは、当時の沖縄では売れず、多くが本土に出荷され、今日それをまとめて見ることはきわめて難しい。本土でも「次」のサインのない壺屋時代の品々は散逸していく傾向があって、早急に蒐集がおこなわれる必要がある。 幸い本展では、沖縄に残った金城次郎の壺屋時代の雑器の美しい品物がまとめて観覧に供される。多くの沖縄陶芸のファン、また作り手の方々が金城次郎の本領がどこにあるのか、そして「陶工」次郎の真価をどのように考えるべきかを、じっくりとその眼で確かめていただきたい。沖縄の赤い陶土と白化粧、伝統の加飾のための多様な技法が、次郎さんの手をへて、いかに美しいヤチムンを生み出したか。これは今後の沖縄の陶器のあり方、方向性をしっかりとしたものに構想するためにも、無二の澪標となることだろう。

  • 10:00~18:00
  • 那覇市立壺屋焼物博物館(那覇市)
  • 入場料:0円

マブニ・ピースプロジェクト沖縄2018

Vol.4 次世代プロジェクト
アート

マブニ・ピースプロジェクト沖縄は「平和と鎮魂」を永遠のメインテーマとして、糸満市および那覇市内のさまざまな会場で、「慰霊の日」のある6月に開催するアート・プロジェクト。2018年は「平和への灯台」をテーマに、多数のアーティストの作品を展示する。すべて入場無料。 ●Vol.1 沖縄県平和祈念資料館企画展示室・平和の灯への芝広場 6/4(月)~23(土)9:00~17:00(芝広場は日没まで) ●Vol.2 白梅の塔 6/4(月)~23(土)※日没まで ●Vol.3 キャンプタルガニー アーティスティックファーム 6/8(金)~10(日)、15(金)~17(日)、22(金)~23(土)11:00~日没まで ●Vol.4 次世代プロジェクト@糸満市庁舎1Fロビー 6/19(火)~29(金)8:30~19:00(最終日13:00まで) ※糸満市内の美術部の中高生たちが平和をテーマに制作した作品を展示 ●Vol.5 ウチナーグチ演劇集団「比嘉座」&琉球弧を記録する会「島クトゥバで語る戦世」の会 6/17(日)19:30@キャンプタルガニーアーティスティックファーム 6/30(土)14:00@糸満市真栄平コミュニティセンター ※6/30は糸満市教育委員会編「市民が語る戦中戦後史」証言の上映あり ●Vol.6 ギャラリートーク&ツアー&ミーティング 6/10(日)14:00 ※平和祈念資料館企画展示室~芝広場~キャンプタルガニーを巡回しながら、作家が作品を語る。タルガニーでは鑑賞者との交流会も実施。 ●Vol.7 ひめゆりピースホール 6/4(月)~10(日)13:00~20:00 ※初日は16:00よりオープニングトークあり ●Vol.8 関連シンポジウム「済州島・沖縄―戦場の記憶とアート」 6/24(日)14:00~17:00@沖縄県立博物館・美術館 博物館講座室 ※「4.3事件」をテーマに制作する済州島アーティストとマブニを結ぶセッション ●出品作家・団体 [国内]新垣安雄(平面・立体)/石垣克子(平面・インスタレーション)/磯崎主佳(平面)/上原秀樹(インスタレーション)/浦田健二(平面)/大城讓(平面)/川平惠造(平面インスタレーション)/木村仁(立体)/儀保克幸(立体)/児玉美咲(平面・インスタレーション)/齋悠記(平面)/下地康子(染織)/杉田龍(平面)/平良亜弥(インスタレーション)/高畠愛子(平面)/高良憲義(平面・インスタレーション)/仲里安広(インスタレーション)/花城勉(インスタレーション)/比嘉豊光(写真・映像)/平岡昌也(インスタレーション)/山岸遼士(平面・日本画)/与那覇大智(平面)/ウチナーグチ演劇集団「比嘉座」/琉球弧を記録する会 [海外]台湾:林怡君(インスタレーション)/韓国:高吉千(平面)/金姈禾(インスタレーション)/朴京勳(平面)/金洙範(写真)/鄭容成(平面)

  • 8:30~19:00
  • 糸満市役所(糸満市)
  • 入場料:0円
アート

6/01〜27開催 木曜休館 尚家資料から流水文様の紅型衣裳を紹介する。国宝の刀剣も展示する。

  • 10:00~19:00
  • 那覇市歴史博物館(那覇市)
  • 一般:350円/小中高大生:0円/未就学児童:0円/年間パスポート:1,200円

藤本遥可 個展

2018年 初夏 花の精
アート

6/4〜30開催 日曜休み 祝日21:00まで

  • 11:00~21:00
  • 料理と酒の店・毬(那覇市)
  • 入場料:0円(飲食別途)

雨音と三線展

アートギャラリーきたポ 第5回企画展
アート

5/3~6/30開催。三線やグッズ等の展示販売のほか、5/12・13、6/1・2・16・17は三線体験教室を実施(各日13:00/15:00/17:00から30分間、参加費500円、小学生以上対象)。

  • 10:00~22:00
  • トラベルマートきたポ(北中城村)
  • 当日:0円
アート

5/22〜6/24開催 金土20:00まで 月曜休館 沖縄美ら島財団が所有する森政三コレクションの中から、戦前の首里城内や琉球王国時代の王子の屋敷である中城御殿(なかぐすくうどぅん)の古写真を展示する。本展示では古写真とともに、琉球処分後の首里城の使われ方や国宝指定された首里城などを解説。また中城御殿について、古写真に記された板図(図面)により中城御殿の建物全体の間取りが判明した事を紹介する。 [森政三コレクションとは] 森政三(1895〜1981)は、昭和11(1936)年に、旧国宝であった守礼門(しゅれいもん)の修理工事や戦後焼失した園比屋武御嶽石門(そのひやんうたきいしもん)や守礼門の復元工事に携わった文部省技官。本コレクションは、森政三が所蔵していた首里城や沖縄の文化財及び県外の文化財建造物に関連する図面・写真・修理資料など約300点の資料群である。

  • 9:00~20:00
  • 沖縄県立博物館・美術館(那覇市)
  • 入場料:0円

マブニ・ピースプロジェクト沖縄2018

Vol.1 平和祈念公園サイト
アート

マブニ・ピースプロジェクト沖縄は「平和と鎮魂」を永遠のメインテーマとして、糸満市および那覇市内のさまざまな会場で、「慰霊の日」のある6月に開催するアート・プロジェクト。2018年は「平和への灯台」をテーマに、多数のアーティストの作品を展示する。すべて入場無料。 ●Vol.1 沖縄県平和祈念資料館企画展示室・平和の灯への芝広場 6/4(月)~23(土)9:00~17:00(芝広場は日没まで) ●Vol.2 白梅の塔 6/4(月)~23(土)※日没まで ●Vol.3 キャンプタルガニー アーティスティックファーム 6/8(金)~10(日)、15(金)~17(日)、22(金)~23(土)11:00~日没まで ●Vol.4 次世代プロジェクト@糸満市庁舎1Fロビー 6/19(火)~29(金)8:30~19:00(最終日13:00まで) ※糸満市内の美術部の中高生たちが平和をテーマに制作した作品を展示 ●Vol.5 ウチナーグチ演劇集団「比嘉座」&琉球弧を記録する会「島クトゥバで語る戦世」の会 6/17(日)19:30@キャンプタルガニーアーティスティックファーム 6/30(土)14:00@糸満市真栄平コミュニティセンター ※6/30は糸満市教育委員会編「市民が語る戦中戦後史」証言の上映あり ●Vol.6 ギャラリートーク&ツアー&ミーティング 6/10(日)14:00 ※平和祈念資料館企画展示室~芝広場~キャンプタルガニーを巡回しながら、作家が作品を語る。タルガニーでは鑑賞者との交流会も実施。 ●Vol.7 ひめゆりピースホール 6/4(月)~10(日)13:00~20:00 ※初日は16:00よりオープニングトークあり ●Vol.8 関連シンポジウム「済州島・沖縄―戦場の記憶とアート」 6/24(日)14:00~17:00@沖縄県立博物館・美術館 博物館講座室 ※「4.3事件」をテーマに制作する済州島アーティストとマブニを結ぶセッション ●出品作家・団体 [国内]新垣安雄(平面・立体)/石垣克子(平面・インスタレーション)/磯崎主佳(平面)/上原秀樹(インスタレーション)/浦田健二(平面)/大城讓(平面)/川平惠造(平面インスタレーション)/木村仁(立体)/儀保克幸(立体)/児玉美咲(平面・インスタレーション)/齋悠記(平面)/下地康子(染織)/杉田龍(平面)/平良亜弥(インスタレーション)/高畠愛子(平面)/高良憲義(平面・インスタレーション)/仲里安広(インスタレーション)/花城勉(インスタレーション)/比嘉豊光(写真・映像)/平岡昌也(インスタレーション)/山岸遼士(平面・日本画)/与那覇大智(平面)/ウチナーグチ演劇集団「比嘉座」/琉球弧を記録する会 [海外]台湾:林怡君(インスタレーション)/韓国:高吉千(平面)/金姈禾(インスタレーション)/朴京勳(平面)/金洙範(写真)/鄭容成(平面)

  • 9:00~17:00
  • 沖縄県平和祈念資料館(糸満市)
  • 入場料:0円
アート

5/30~7/2開催 火曜休廊 約350年続く小石原焼は、指で大胆に描く指描き、櫛描きや飛び鉋、刷毛目といった技法が特徴。太田哲三窯は福岡県朝倉郡東峰村にあり、陶工の太田哲三は父・熊雄に師事したのち独立。50年作陶を続け、現在は長男・圭とともに民藝の想いに添いながらも、日常に使いやすい器づくりに取り組んでいる。小石原焼伝統の技法を守り、用途に忠実で実直なものづくりから生み出された力強く美しい器たちを紹介する。

  • 11:00~19:30
  • D&DEPARTMENT OKINAWA by OKINAWA STANDARD(宜野湾市)
  • 入場料:0円

テーブルウェアフェスタ

毎日の生活に工芸品を
アート

6/14~7/8開催。 「毎日の生活に工芸品を」をテーマに、那覇市を代表する伝統工芸品「壺屋焼」「首里織」「琉球びんがた」「琉球漆器」「琉球ガラス」を使用し、食事のシーンを彩る「テーブルウェア」を提案。 関連イベントとして、7/4に沖縄ガスショールームで「沖縄の器で食す薬膳料理教室」を開催。 https://piratsuka.com/top/detail?id=496979#visited

  • 10:00~20:00
  • 那覇市伝統工芸館(那覇市)
  • 入場料:0円

オヤジロックグラス展

愛すべき全ての親父に捧ぐ
アート

6/9〜24開催 「琉球ガラス工房 海風」「Glass Art 青い風」の職人たちが作った、親父に捧げるロックグラス作品展。工房の看板商品であるロックグラスとロックの日をかけて、6月9日スタート。この企画展のみの面白い商品や、1点モノも販売予定。

  • 9:00~18:00
  • Glass Art 青い風(読谷村)
  • 入場料:0円

写真で見る与那原の沖縄戦

与那原町民平和の日・慰霊の日合同企画
アート

6/15〜24開催 平日09:00〜19:00 土日10:00〜17:00

  • 10:00~17:00
  • 与那原町コミュニティーセンター(与那原町)
アート

6/01〜7/23開催 木曜休館 考古学という視点から、3万年前の旧石器時代から19世紀の王家の食卓まで、遺跡と出土遺物を通して那覇の歴史を展示する。 ●ギャラリー歴史文化講座 14:00〜16:00 要観覧料(一般350円) 6/3(日) 『那覇湊の周辺の城と琉球王国の倭寇対策について―16世紀における琉中の城郭を比較する―』  講師:山本正昭(沖縄県立博物館・美術館主任学芸員) 6/24(日) 「考古学から見た那覇の遺物と動物」  講師:菅原広史(浦添市教育委員会文化財課主任主事)

  • 10:00~19:00
  • 那覇市歴史博物館(那覇市)
  • 一般:350円/小中高大生:0円/未就学児童:0円/年間パスポート:1,200円
アート

6/15~24開催 火曜日定休 デザイナー小島明洋・formeスタッフ在廊日:6/16(土)

  • 12:30~18:00
  • Shoka:(沖縄市)