イベントを探す

6月14日(木)のイベント

  • 前日を見る
  • 明日を見る

ご利用にあたって

本ページは「箆柄暦」から情報を転載しております。できるだけ正確な情報を掲載するよう努めておりますが、全ての内容を保証するものではありません。本ページ掲載の情報をご活用の際には、ご自身での確認をお願いいたします。また、掲載内容に間違いがある場合はこちらからご連絡ください。

情報をお寄せください
催し物

5/20~6月末頃まで開園(花の状態次第で開園期間は変更の可能性あり、Webサイト等で要確認)。

  • 9:00~18:30
  • よへなあじさい園(本部町)
  • 当日一般:400円/当日小中高生:200円
催し物

6/13・14開催

  • 沖縄市民会館中ホール(沖縄市)
音楽

[出演]知念嘉哉(g)/ジェフ蔵方(b)/田場龍之介(dr)

  • 21:00
  • SOUND M'S(那覇市)
  • 当日:1,000円(1ドリンク別途)

Gentlemans

R&B/アメリカンポップスライブ
音楽

ホテル内のファンパブ「シュガーケイン」で21:15/22:15開催(各45分、入替なし)。 [出演]Gentlemans

  • 21:15
  • ザ・ブセナテラス(名護市)
  • 当日:0円(飲食別途)
音楽

ハイアットリージェンシー那覇沖縄の最上階18階「the bar(ザ・バー)」で行われるライブ。 第1ステージ 20:30~21:00 第2ステージ 21:30~22:00 第3ステージ 22:30~23:00 ドリンク 生ビール 1000円 カクテル各種 1200円~ ボトルワイン 3800円~ フード シェフお勧め本日の前菜盛り合わせ   2000円 ビーフカツレサンドイッチ フライポテト添え1800円 厚切りポテトチップス 500円 [出演]辺土名直子(p)

  • 20:00
  • ハイアットリージェンシー那覇沖縄(那覇市)
  • 当日:500円(税金別・サービス料別)
音楽

[出演]屋良朝秋(p)/上原淳(b)/津嘉山善栄(dr)/ブン岩崎(as)

  • 21:15
  • 寓話(那覇市)
  • 当日:1,000円

てんぶすクラシックvol.11 ピアノの会2018

小説「蜂蜜と遠雷」を聴く
音楽

昼の部は65歳以上・学生・失業保険受給者対象の割引あり。

  • 14:00
  • てんぶす那覇テンブスホール(那覇市)
  • 当日一般:1,500円/当日高校生:1,130円/当日小中学生:750円

与那覇歩ユニット

島唄ライブ
音楽

19:30/20:30/22:00(入替なし) [出演]与那覇歩/山城篤嗣/伊波はづき

  • 19:30
  • 沖縄かなぐすく(那覇市)
  • 当日:1,000円/当日小学生:500円/当日6歳未満:0円
音楽

19:00/20:15(ステージ45分/入替無) [出演]ティンク ティンク/たぁーちゅ

  • 19:00
  • カラハーイ(北谷町)
  • 当日:2,800円

東江千鶴

ゴスペルライブ
音楽

19:00/20:00(入替なし、各30分) [出演]東江千鶴

  • 19:00
  • 沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ(恩納村)
  • 当日:0円
音楽

[出演]城間千明(vo)/トム・イナガワ(p)

  • 21:00
  • Parker's Mood jazz club(那覇市)
  • 当日:1,200円(1ドリンク&1フード別途)

よなは徹

島うたライブ
音楽

6/2・7・14・28開催。会場は19:00新館、21:00本店。 [出演]よなは徹

  • 21:00
  • うさぎや石垣本店
  • チャージ:1,000円(飲食別途)

よなは徹

島うたライブ
音楽

6/2・7・14・28開催。会場は19:00新館、21:00本店。 [出演]よなは徹

  • 19:00
  • うさぎや石垣店新館
  • チャージ:1,000円(飲食別途)
音楽

[出演]en(vo.前川守彦 g.宮城拓海)/Sounds Spot/又吉佑衣/福地正

  • 19:30
  • MOD'S(北谷町)
  • 前売:1,500円/当日:1,800円
音楽

[出演]about tess/avengers in sci-fi/Shaolong To The Sky/the you/藤井悟 aka SATOL.F/DJ TXAKO

  • 17:30
  • ミュージックタウン音市場(沖縄市)
  • 前売:3,000円(1ドリンク別途)/前売高校生以下:2,000円(1ドリンク別)/当日:3,500円(1ドリンク別途)/当日高校生以下:2,500円(1ドリンク別途)
音楽

[出演]中村瑠美子(vo)/前田梨恵(pf)/真境名陽一(b)/ Emma Arcaya(fl)

  • 21:00~3:00
  • Pino's Place(那覇市)
  • 当日:1,000円
音楽

演奏曲目はJAZZのスタンダードナンバー。飛び入りの外人プレイヤーも参加して大人数のセッションになることも。 [出演]香村英史(p)/新垣めぐみ(vo)/Mario(a.sax)

  • 21:00~1:00
  • KAM'S House(那覇市)
  • 当日:1,000円

Eisa-Crew CROWN

沖縄エンターテインメントショー
伝統芸能

ライブステージは19:00/20:00/21:00(入替なし) [出演]Eisa-Crew CROWN

  • 19:00
  • SunSeaN-三線-(那覇市)
  • 当日一般:1,500円(飲食別途)/当日学生:1,200円(飲食別途)/当日中高生:1,000円(飲食別途)/当日小学生以下:0円(飲食別途)
伝統芸能

6/1~25開催 慰霊の日(6月23日)に合わせ、終戦から復帰まで(1945年~1975年)の音楽の移り変わりを通して、戦後の沖縄の人達が、音楽を生きる糧としてきた歴史を振りかえる展示を行う。展示資料を眺めるだけで、その時代背景と音楽状況がわかる展示になっている。

  • 12:00~18:00
  • おんがく村(沖縄市)
  • 入場料:0円

よしもとネタステージ

出演:大屋あゆみ/初恋クロマニヨン/ツウシイム/ありんくりん/カシスオレンジ/島袋忍/ハイビスカスパーティー
演劇・舞台

[出演]大屋あゆみ/初恋クロマニヨン/ツウシイム/ありんくりん/カシスオレンジ/島袋忍/ハイビスカスパーティー

  • 19:00~20:00
  • よしもと沖縄花月(那覇市)
  • 前売:1,000円/当日:1,200円/当日18歳以下:500円/当日4歳以下膝上:0円

ゲラ×ゲラ ワラワナイト

オリジン×FEC×沖縄よしもと 合同お笑いライブ
演劇・舞台

MC:パッション屋良/くだかまり FEC:パーラナイサーラナイ/ばんす オリジンコーポレーション:Kジャージ/パッパラーズ 沖縄よしもと:ピーチキャッスル/オーシャン

  • 19:30
  • WaRaBa!(那覇市)
  • 前売:1,000円/当日:1,200円/前売小中高生:500円/当日小中高生:600円
講演・研修

就労意欲があり、就職・再就職活動を目指している人向けの企業実習説明会。未経験の職種へ応募したい、長期離職で不安、適性が分からないなど、働く事への悩みを持つ人が、実習を通して職業理解を深め就職へのステップを踏めるようにする。 那覇市会場:098-865-5003 グッジョブセンターおきなわ 3階大会議室 沖縄市会場:098-923-0078 グッジョブセンターおきなわ中部サテライト

  • 14:00~15:00
  • グッジョブセンターおきなわ(那覇市)
  • 当日:0円
講演・研修

6/9~7/8開催。世界自然遺産候補地の奄美(奄美大島・徳之島)、やんばる(沖縄島北部)、西表島にスポットライトをあて、各地域の自然豊かな環境に生育する貴重な植物を紹介。植物の生体や標本展示に加え、天然記念物に指定されているヤンバルクイナやリュウキュウヤマガメなどの写真、標本も展示する。

  • 8:30~19:00
  • 熱帯ドリームセンター(本部町)
  • 大人入場料:760円/中学生以下入場料:0円
講演・研修

6/9~7/1開催(火曜休)。「希望」をテーマに制作された紅型作品を展示。

  • 9:30~17:30
  • 沖縄こどもの国(沖縄市)
  • 観覧料:0円(入場料別途)
講演・研修

6/1~7/1開催(火曜休)。平和や人権、清掃体験などをテーマとした、未来をかんがえる絵本の企画展。

  • 9:30~17:30
  • 沖縄こどもの国(沖縄市)
  • 観覧料:0円(入場料別途)
講演・研修

就労意欲があり、就職・再就職活動を目指している人向けの企業実習説明会。未経験の職種へ応募したい、長期離職で不安、適性が分からないなど、働く事への悩みを持つ人が、実習を通して職業理解を深め就職へのステップを踏めるようにする。 那覇市会場:098-865-5003 グッジョブセンターおきなわ 3階大会議室 沖縄市会場:098-923-0078 グッジョブセンターおきなわ中部サテライト

  • 14:00~15:00
  • グッジョブセンターおきなわ中部サテライト(沖縄市)
  • 当日:0円
アート

6/1〜7/1開催 月曜日・祝日休 月曜祝日の場合火曜日も休館

  • 9:00~17:00
  • 沖縄県立埋蔵文化財センター(西原町)
  • 入場料:0円
アート

3/24~7/16開催

  • 11:00~20:00
  • ボクネン美術館(北谷町)
  • 当日一般:800円/当日高校生以下:500円/当日未就学児:0円/当日シニア:400円
アート

5/30~7/2開催 火曜休廊 約350年続く小石原焼は、指で大胆に描く指描き、櫛描きや飛び鉋、刷毛目といった技法が特徴。太田哲三窯は福岡県朝倉郡東峰村にあり、陶工の太田哲三は父・熊雄に師事したのち独立。50年作陶を続け、現在は長男・圭とともに民藝の想いに添いながらも、日常に使いやすい器づくりに取り組んでいる。小石原焼伝統の技法を守り、用途に忠実で実直なものづくりから生み出された力強く美しい器たちを紹介する。

  • 11:00~19:30
  • D&DEPARTMENT OKINAWA by OKINAWA STANDARD(宜野湾市)
  • 入場料:0円

平敷兼七と小原佐和子『渚』

平敷兼七 二人展シリーズ vol.9
アート

5/12~8/3開催 火曜休廊 ●ポートフォリオレビュー 5/12(土)13:00 土田ヒロミ ●トークイベント 5/13(日)14:00 土田ヒロミ/小原佐和子/タイラジュン

  • 10:00~18:00
  • 平敷兼七ギャラリー(浦添市)
  • 一般:500円/高校生以下:0円
アート

5/22〜6/24開催 金土20:00まで 月曜休館 前年度の新収蔵資料の数々を一堂に紹介する毎年恒例の新収蔵品展。平成29年度は、植物化石や琉球古典焼などの資料を寄贈いただいている。

  • 9:00~18:00
  • 沖縄県立博物館・美術館(那覇市)
  • 入場料:0円
アート

6/8~17開催

  • 10:00~19:30
  • 青砂工芸館(那覇市)
  • 入場料:0円

沖縄の傷痕展

愛楽園・写真と陶彫のコラボレーション
アート

4/1〜8/31開催 月曜・祝日休館 約40年前に愛楽園で撮られた写真と、近年沖縄戦や愛楽園をテーマに作品を制作している彫陶家のコラボレーション展です。 関連イベント 4/20(金)14:30 講談風語り「風の鳴る丘」沖縄愛楽園編 7/01(日)14:00 ギャラリートーク鈴木幹雄×伊志嶺達雄 7/15(日)14:00 ボランティアガイドと園内を歩こう

  • 10:00~17:00
  • 沖縄愛楽園交流会館(名護市)
  • 入場料:0円

画家 なかがわ せいいちろう 個展

”A broken clock is right twice a day” 壊れた時計も、日に二度は正しい。
アート

6/6~7/2開催 火曜定休 月曜11:30から なかがわ せいいちろう 1974年生まれ 神奈川県横浜市出身 2005年より独学で油彩を描き始める 2010年より沖縄県読谷村にアトリエを移す 2011年 絵本『なにしているの?』出版 他、個展多数

  • 7:30~9:00
  • CAFE UNIZON(宜野湾市)
  • 当日:0円(飲食別途)
アート

マブニ・ピースプロジェクト沖縄は「平和と鎮魂」を永遠のメインテーマとして、糸満市および那覇市内のさまざまな会場で、「慰霊の日」のある6月に開催するアート・プロジェクト。2018年は「平和への灯台」をテーマに、多数のアーティストの作品を展示する。すべて入場無料。 ●Vol.1 沖縄県平和祈念資料館企画展示室・平和の灯への芝広場 6/4(月)~23(土)9:00~17:00(芝広場は日没まで) ●Vol.2 白梅の塔 6/4(月)~23(土)※日没まで ●Vol.3 キャンプタルガニー アーティスティックファーム 6/8(金)~10(日)、15(金)~17(日)、22(金)~23(土)11:00~日没まで ●Vol.4 次世代プロジェクト@糸満市庁舎1Fロビー 6/19(火)~29(金)8:30~19:00(最終日13:00まで) ※糸満市内の美術部の中高生たちが平和をテーマに制作した作品を展示 ●Vol.5 ウチナーグチ演劇集団「比嘉座」&琉球弧を記録する会「島クトゥバで語る戦世」の会 6/17(日)19:30@キャンプタルガニーアーティスティックファーム 6/30(土)14:00@糸満市真栄平コミュニティセンター ※6/30は糸満市教育委員会編「市民が語る戦中戦後史」証言の上映あり ●Vol.6 ギャラリートーク&ツアー&ミーティング 6/10(日)14:00 ※平和祈念資料館企画展示室~芝広場~キャンプタルガニーを巡回しながら、作家が作品を語る。タルガニーでは鑑賞者との交流会も実施。 ●Vol.7 ひめゆりピースホール 6/4(月)~10(日)13:00~20:00 ※初日は16:00よりオープニングトークあり ●Vol.8 関連シンポジウム「済州島・沖縄―戦場の記憶とアート」 6/24(日)14:00~17:00@沖縄県立博物館・美術館 博物館講座室 ※「4.3事件」をテーマに制作する済州島アーティストとマブニを結ぶセッション ●出品作家・団体 [国内]新垣安雄(平面・立体)/石垣克子(平面・インスタレーション)/磯崎主佳(平面)/上原秀樹(インスタレーション)/浦田健二(平面)/大城讓(平面)/川平惠造(平面インスタレーション)/木村仁(立体)/儀保克幸(立体)/児玉美咲(平面・インスタレーション)/齋悠記(平面)/下地康子(染織)/杉田龍(平面)/平良亜弥(インスタレーション)/高畠愛子(平面)/高良憲義(平面・インスタレーション)/仲里安広(インスタレーション)/花城勉(インスタレーション)/比嘉豊光(写真・映像)/平岡昌也(インスタレーション)/山岸遼士(平面・日本画)/与那覇大智(平面)/ウチナーグチ演劇集団「比嘉座」/琉球弧を記録する会 [海外]台湾:林怡君(インスタレーション)/韓国:高吉千(平面)/金姈禾(インスタレーション)/朴京勳(平面)/金洙範(写真)/鄭容成(平面)

  • 沖縄県平和祈念資料館(糸満市)
  • 入場料:0円

藤本遥可 個展

2018年 初夏 花の精
アート

6/4〜30開催 日曜休み 祝日21:00まで

  • 11:00~23:00
  • 料理と酒の店・毬(那覇市)
  • 入場料:0円(飲食別途)

マブニ・ピースプロジェクト沖縄2018

Vol.1 平和祈念公園サイト
アート

マブニ・ピースプロジェクト沖縄は「平和と鎮魂」を永遠のメインテーマとして、糸満市および那覇市内のさまざまな会場で、「慰霊の日」のある6月に開催するアート・プロジェクト。2018年は「平和への灯台」をテーマに、多数のアーティストの作品を展示する。すべて入場無料。 ●Vol.1 沖縄県平和祈念資料館企画展示室・平和の灯への芝広場 6/4(月)~23(土)9:00~17:00(芝広場は日没まで) ●Vol.2 白梅の塔 6/4(月)~23(土)※日没まで ●Vol.3 キャンプタルガニー アーティスティックファーム 6/8(金)~10(日)、15(金)~17(日)、22(金)~23(土)11:00~日没まで ●Vol.4 次世代プロジェクト@糸満市庁舎1Fロビー 6/19(火)~29(金)8:30~19:00(最終日13:00まで) ※糸満市内の美術部の中高生たちが平和をテーマに制作した作品を展示 ●Vol.5 ウチナーグチ演劇集団「比嘉座」&琉球弧を記録する会「島クトゥバで語る戦世」の会 6/17(日)19:30@キャンプタルガニーアーティスティックファーム 6/30(土)14:00@糸満市真栄平コミュニティセンター ※6/30は糸満市教育委員会編「市民が語る戦中戦後史」証言の上映あり ●Vol.6 ギャラリートーク&ツアー&ミーティング 6/10(日)14:00 ※平和祈念資料館企画展示室~芝広場~キャンプタルガニーを巡回しながら、作家が作品を語る。タルガニーでは鑑賞者との交流会も実施。 ●Vol.7 ひめゆりピースホール 6/4(月)~10(日)13:00~20:00 ※初日は16:00よりオープニングトークあり ●Vol.8 関連シンポジウム「済州島・沖縄―戦場の記憶とアート」 6/24(日)14:00~17:00@沖縄県立博物館・美術館 博物館講座室 ※「4.3事件」をテーマに制作する済州島アーティストとマブニを結ぶセッション ●出品作家・団体 [国内]新垣安雄(平面・立体)/石垣克子(平面・インスタレーション)/磯崎主佳(平面)/上原秀樹(インスタレーション)/浦田健二(平面)/大城讓(平面)/川平惠造(平面インスタレーション)/木村仁(立体)/儀保克幸(立体)/児玉美咲(平面・インスタレーション)/齋悠記(平面)/下地康子(染織)/杉田龍(平面)/平良亜弥(インスタレーション)/高畠愛子(平面)/高良憲義(平面・インスタレーション)/仲里安広(インスタレーション)/花城勉(インスタレーション)/比嘉豊光(写真・映像)/平岡昌也(インスタレーション)/山岸遼士(平面・日本画)/与那覇大智(平面)/ウチナーグチ演劇集団「比嘉座」/琉球弧を記録する会 [海外]台湾:林怡君(インスタレーション)/韓国:高吉千(平面)/金姈禾(インスタレーション)/朴京勳(平面)/金洙範(写真)/鄭容成(平面)

  • 9:00~17:00
  • 沖縄県平和祈念資料館(糸満市)
  • 入場料:0円

第44回 沖縄県書道展

文字と心で表現する書の美
アート

6/13〜17開催 金曜19:00まで 最終日15:30まで

  • 9:30~17:00
  • 浦添市美術館(浦添市)
  • 入場料:0円

雨音と三線展

アートギャラリーきたポ 第5回企画展
アート

5/3~6/30開催。三線やグッズ等の展示販売のほか、5/12・13、6/1・2・16・17は三線体験教室を実施(各日13:00/15:00/17:00から30分間、参加費500円、小学生以上対象)。

  • 10:00~22:00
  • トラベルマートきたポ(北中城村)
  • 当日:0円
アート

6/12〜17開催

  • 10:00~19:00
  • てんぶす那覇ギャラリー(那覇市)
  • 入場料:0円
アート

6/12~17開催(最終日17:00まで)。

  • 10:00~19:00
  • 那覇市民ギャラリー(那覇市)
  • 当日:0円
アート

5/28〜7/10開催 生命の象徴であり、大切に守られるべき存在の「母と子」に焦点をあてた企画展。鉄の暴風が吹き荒れる沖縄で「母と子」が直面した様々な出来事を体験者の証言や写真・絵などで追体験しながら、多くの住民が犠牲となった沖縄戦について理解を深める。

  • 9:00~17:00
  • 沖縄県平和祈念資料館(糸満市)
  • 入場料:0円

「王家の秘宝」

首里城公園企画展
アート

4/20(金)~7/3(火)開催。首里城を居城とした琉球国王家の調度品であった可能性が高い逸品(漆芸・刀剣・絵画・書跡・染織)を紹介する。

  • 8:30~19:00
  • 首里城公園黄金御殿(那覇市)
  • 当日一般:820円/当日高校生:620円/当日小中学生:310円/当日6歳未満:0円
アート

2/23〜6/24開催 月曜日休館(月曜が祝日の場合は翌日休館) 金土20:00まで 「大和(だいわ)コレクション」とは日本を代表するコレクターにより収集され当館に寄託(一定の期間借用)されたコレクションで、本展覧会ではその中から選りすぐりの現代美術作品を紹介する。

  • 9:00~18:00
  • 沖縄県立博物館・美術館(那覇市)
  • 一般:310円(20名以上の団体料金250円)/高大生:210円(20名以上の団体料金170円)/小中生:100円(20名以上の団体料金80円 県内小学生無料)/未就学児:0円/70歳以上:0円(要身分証提示)/障がい者手帳所持者:0円(介助者1名無料)
アート

5/23〜6/24開催

  • 10:00~22:00
  • 桜坂劇場ふくら舎(那覇市)
  • 入場料:0円
アート

6/1~17開催 火曜日定休 ●田中佑香(デザイナー)在廊日:6/1(金)・2(土) ●トークイベント「石の中の私的宇宙」 6/2(土)11:00~13:00 要事前申し込み:event@shoka-wind.com

  • 12:30~18:00
  • Shoka:(沖縄市)
  • 入場料:0円
アート

4/13(金)~7/3(火)開催。沖縄の年中行事である清明祭(墓参り)・GW時に合わせて、琉球王国時代の野外での行楽時に使用する道具(提重・重箱・湯庫(タァークー))をご紹介する。

  • 8:30~19:00
  • 首里城公園南殿(那覇市)
  • 当日一般:820円/当日高校生:620円/当日小中学生:310円/当日6歳未満:0円

「作家 大城立裕」展

国立劇場おきなわ 平成30年度 第1回企画展
アート

4/14~6/24開催 沖縄で初めて芥川賞を受賞した、大城立裕の執筆した新作組踊や沖縄芝居の衣装や小道具、舞台写真、直筆原稿など、幅広い創作活動の世界を紹介する。 ●トークイベント 4/14(土) 出演:大城立裕(芥川賞作家)

  • 10:00~18:00
  • 国立劇場おきなわ資料展示室(浦添市)
  • 当日:0円
アート

6/13〜16開催 永井純子(indigo planetデザイナー)在廊

  • 11:00~17:00
  • Indigo(読谷村)
アート

5/7〜6/20開催 日曜休廊 沖縄発ジュエリーブランドVIVONのデザイナー兼アーティストである新里清明がディレクションを手がけるアートインスタレーション。県内、海外で活躍する4人の沖縄県出身アーティストのコラボにより実現。 Art direction: 新里清明 Kiyoaki Shinzato Photo: 國吉歳木朗 Tokio Kuniyoshi Object: 照屋朝将 Tomomasa Teruya Sound: 堀川恭鉄 Kyotetsu Horikawa

  • 10:30~19:00
  • 珈琲専科LOOP(沖縄市)
  • 入場料:0円(飲食別途)
アート

6/12~17開催(最終日17:00まで)。

  • 10:00~19:00
  • 那覇市民ギャラリー(那覇市)
  • 当日:0円
アート

6/5~7/1開催 沖縄戦が近づいてきた頃、当時の豊見城村では男性たちが戦争へ召集されていき、一家を託されたのは残された女性たちだった。女性たちは、大切な家族を守らなければならない責任と戦争への不安を抱えながら沖縄戦を迎え、戦闘に巻き込まれていった。本展では、豊見城村出身の女性たちの戦争体験を中心に、豊見城村で起こった沖縄戦について考える。女性が体験した戦争を知ることで、沖縄戦の実相を多角的な視点から学び、改めて平和の尊さを学ぶ。

  • 9:00~17:00
  • 豊見城市歴史民俗資料展示室(豊見城市)
  • 入場料:0円
アート

6/12~18開催

  • 10:00~20:30
  • リウボウ美術サロン(那覇市)
  • 当日:0円

企画展「沖縄県の戦争遺跡〜前田高地から首里まで〜」

沖縄県立埋蔵文化財センター・浦添市教育委員会 合同企画
アート

6/5〜6/24開催 月曜日・祝日休(慰霊の日は開館) 月曜祝日の場合火曜日も休館。 浦添市のほぼ中央に位置する浦添城跡は、沖縄戦時には「前田高地」と呼ばれ、日米両軍による激しい戦闘が行われた場所だった。近年は、沖縄戦を描いた映画『ハクソー・リッジ』の舞台として注目され、世界中から見学者が訪れている。沖縄県立埋蔵文化財センターと浦添市教育委員会では、前田高地を含め、前田・経塚地区や首里の戦争遺跡を通して、浦添地域の周辺と戦争をテーマにした展示会を3会場で共同開催する。会期中は展示会場とあわせて前田高地の現地を実際に見学できる企画も予定している。 ●展示開催 6/5〜6/24開催 沖縄県立埋蔵文化財センター 6/5〜9/2開催 浦添グスク・ようどれ館 浦添大公園南エントランス管理事務所多目的室 詳細は、チラシ画像参照 ●現地見学 1)「前田高地の戦跡めぐり」 6/24(日) ※雨天中止 8:30〜12:00 300円 浦添グスク・ようどれ館 2)「戦跡・前田高地をあるく」 6/30〜9/1までの毎週土曜日午前 6/30、7/7・14・21、8/4・11・18、9/1(全8回) 10:00〜11:30 500円 見学は、各回要申し込み 浦添グスク・ようどれ館 098-874-9345

  • 9:00~17:00
  • 沖縄県立埋蔵文化財センター(西原町)
  • 入場料:0円
アート

1/16〜9/2開催 月曜・祝日・慰霊の日休館 沖縄戦に際して、米軍は爆撃機や空母艦載機で沖縄上空を飛行し、膨大な数の空中写真を撮影した。空中写真は、作戦地図やその後の米軍基地建設計画の基礎資料として使われた。沖縄県公文書館は、これらの空中写真を米国国立公文書館から収集し、利用に供している。戦禍に見舞われる前の沖縄の姿と、その後の復興のありようを空からの眼で見られる。

  • 9:00~17:00
  • 沖縄県公文書館(南風原町)
  • 入場料:0円

企画展「沖縄県の戦争遺跡〜前田高地から首里まで〜」

沖縄県立埋蔵文化財センター・浦添市教育委員会 合同企画
アート

6/5〜9/2開催 月曜日休館(祝日の場合開館) 浦添市のほぼ中央に位置する浦添城跡は、沖縄戦時には「前田高地」と呼ばれ、日米両軍による激しい戦闘が行われた場所だった。近年は、沖縄戦を描いた映画『ハクソー・リッジ』の舞台として注目され、世界中から見学者が訪れている。沖縄県立埋蔵文化財センターと浦添市教育委員会では、前田高地を含め、前田・経塚地区や首里の戦争遺跡を通して、浦添地域の周辺と戦争をテーマにした展示会を3会場で共同開催する。会期中は展示会場とあわせて前田高地の現地を実際に見学できる企画も予定している。 ●展示開催 6/5〜6/24開催 沖縄県立埋蔵文化財センター 6/5〜9/2開催 浦添グスク・ようどれ館 浦添大公園南エントランス管理事務所多目的室 詳細は、チラシ画像参照 ●現地見学 1)「前田高地の戦跡めぐり」 6/24(日) ※雨天中止 8:30〜12:00 300円 浦添グスク・ようどれ館 2)「戦跡・前田高地をあるく」 6/30〜9/1までの毎週土曜日午前 6/30、7/7・14・21、8/4・11・18、9/1(全8回) 10:00〜11:30 500円 見学は、各回要申し込み 浦添グスク・ようどれ館 098-874-9345

  • 9:00~17:00
  • 浦添グスク・ようどれ館(浦添市)
  • 一般:100円/小中学生:50円(浦添市内小中学生は無料)
アート

5/9~6/30開催。平成29年4月~30年3月に撮影された野鳥の写真と、粟国島で見られる花の写真を展示。

  • 8:30~19:00
  • 島あしび館(粟国村)
  • 当日:0円

テーブルウェアフェスタ

毎日の生活に工芸品を
アート

6/14~7/8開催。 「毎日の生活に工芸品を」をテーマに、那覇市を代表する伝統工芸品「壺屋焼」「首里織」「琉球びんがた」「琉球漆器」「琉球ガラス」を使用し、食事のシーンを彩る「テーブルウェア」を提案。 関連イベントとして、7/4に沖縄ガスショールームで「沖縄の器で食す薬膳料理教室」を開催。 https://piratsuka.com/top/detail?id=496979#visited

  • 10:00~20:00
  • 那覇市伝統工芸館(那覇市)
  • 入場料:0円
アート

6/12~17開催(最終日17:00まで)。

  • 10:00~19:00
  • 那覇市民ギャラリー(那覇市)
  • 当日:0円
アート

6/12~18開催(最終日17:00まで) 2017年4月に94歳で他界した沖縄の画家・絵本作家、儀間比呂志の遺作展。 ※絶版になった絵本を同時展示 『ふなひき太郎』 『へこき三良』 『りゅうこの白い旗』 『ジョン万次郎物語など他多数』

  • 11:00~19:00
  • ギャラリー・プルミエ(北谷町)
  • 入場料:0円
アート

2/23〜6/24開催 月曜日休館(月曜が祝日の場合は翌日休館) 金土20:00まで 近現代の沖縄美術のコレクションを紹介する。

  • 9:00~18:00
  • 沖縄県立博物館・美術館(那覇市)
  • 一般:310円(20名以上の団体料金250円)/高大生:210円(20名以上の団体料金170円)/小中生:100円(20名以上の団体料金80円 県内小学生無料)/未就学児:0円/70歳以上:0円(要身分証提示)/障がい者手帳所持者:0円(介助者1名無料)

企画展「沖縄県の戦争遺跡〜前田高地から首里まで〜」

沖縄県立埋蔵文化財センター・浦添市教育委員会 合同企画
アート

6/5〜9/2開催 月曜日休館(祝日の場合開館) 7/28は休館 浦添市のほぼ中央に位置する浦添城跡は、沖縄戦時には「前田高地」と呼ばれ、日米両軍による激しい戦闘が行われた場所だった。近年は、沖縄戦を描いた映画『ハクソー・リッジ』の舞台として注目され、世界中から見学者が訪れている。沖縄県立埋蔵文化財センターと浦添市教育委員会では、前田高地を含め、前田・経塚地区や首里の戦争遺跡を通して、浦添地域の周辺と戦争をテーマにした展示会を3会場で共同開催する。会期中は展示会場とあわせて前田高地の現地を実際に見学できる企画も予定している。 ●展示開催 6/5〜6/24開催 沖縄県立埋蔵文化財センター 6/5〜9/2開催 浦添グスク・ようどれ館 浦添大公園南エントランス管理事務所多目的室 詳細は、チラシ画像参照 ●現地見学 1)「前田高地の戦跡めぐり」 6/24(日) ※雨天中止 8:30〜12:00 300円 浦添グスク・ようどれ館 2)「戦跡・前田高地をあるく」 6/30〜9/1までの毎週土曜日午前 6/30、7/7・14・21、8/4・11・18、9/1(全8回) 10:00〜11:30 500円 見学は、各回要申し込み 浦添グスク・ようどれ館 098-874-9345

  • 9:00~17:00
  • 浦添大公園(浦添市)
  • 入場料:0円
アート

2017/12/1(金)〜2019/3/31(日)開催 私たちがいなくなっても、ひめゆりの戦争体験を伝え続けたい。元ひめゆり学徒たちは、戦争体験のない職員と一緒に伝える仕事をしながら、資料館の世代交代を進めてきた。戦争体験を未来につなぐために進めてきたこれまでの取り組みと、ヨーロッパ平和交流の旅の報告を行う。 ●ギャラリートーク 2018/1/28(日)14:30〜15:30 海外の平和博物館を視察した職員が各館の展示手法等を報告する。

  • 9:00~17:00
  • ひめゆり平和祈念資料館(糸満市)
  • 一般:310円/高校生:210円/小中学生:110円
アート

5/22〜6/24開催 金土20:00まで 月曜休館 沖縄美ら島財団が所有する森政三コレクションの中から、戦前の首里城内や琉球王国時代の王子の屋敷である中城御殿(なかぐすくうどぅん)の古写真を展示する。本展示では古写真とともに、琉球処分後の首里城の使われ方や国宝指定された首里城などを解説。また中城御殿について、古写真に記された板図(図面)により中城御殿の建物全体の間取りが判明した事を紹介する。 [森政三コレクションとは] 森政三(1895〜1981)は、昭和11(1936)年に、旧国宝であった守礼門(しゅれいもん)の修理工事や戦後焼失した園比屋武御嶽石門(そのひやんうたきいしもん)や守礼門の復元工事に携わった文部省技官。本コレクションは、森政三が所蔵していた首里城や沖縄の文化財及び県外の文化財建造物に関連する図面・写真・修理資料など約300点の資料群である。

  • 9:00~18:00
  • 沖縄県立博物館・美術館(那覇市)
  • 入場料:0円
アート

4/27〜6/24開催 金土20:00まで 月曜休館、5/1(火)休館 ただし、4/30(月)開館 出品作家:吉増剛造 赤瀬川原平/芥川龍之介/荒木経惟/石川啄木/浦上玉堂/折口信夫/加納光於/川合小梅/川端康成/北村透谷/島尾敏雄/島尾ミホ/瀧口修造/東松照明/中上健次/中西夏之/中平卓馬/奈良原一高/西脇順三郎/萩原朔太郎/柳田國男/吉本隆明/松尾芭蕉/南方熊楠/森山大道/与謝蕪村/良寛/若林奮 関連イベント ●オープニング・アーティストトーク 4/27(金)10:00 無料 要当日有効の観覧券 トーク:吉増剛造  ●対談「螺旋から地底へ」 吉増剛造×鶴岡真弓(多摩美術大学芸術人類学研究所所長・教授) 4/29(日)14:00 無料 ●ギャラリートーク トーク:篠原誠司(足利市立美術館学芸員) 5/27(日)14:00 無料 要当日有効の観覧券 ●ワークショップ “K-oto-ba”コレクティブ・オーケストラ feat. 吉増剛造・大友良英 (企画協力:有馬恵子) 6/10(日)13:00 博物館講座室 無料 対象:小学校3年生〜18歳くらい 定員40名 事前申し込み制 持ち物:楽器や音の出るもの、筆記用具

  • 9:00~18:00
  • 沖縄県立博物館・美術館(那覇市)
  • 一般:1,000円/高大生:600円/小中学生:300円

オヤジロックグラス展

愛すべき全ての親父に捧ぐ
アート

6/9〜24開催 「琉球ガラス工房 海風」「Glass Art 青い風」の職人たちが作った、親父に捧げるロックグラス作品展。工房の看板商品であるロックグラスとロックの日をかけて、6月9日スタート。この企画展のみの面白い商品や、1点モノも販売予定。

  • 9:00~18:00
  • Glass Art 青い風(読谷村)
  • 入場料:0円
アート

5/25〜7/1開催 月曜休館・慰霊の日休館 2017年度、博物館が収集した資料をお披露目する。沖縄市のことを伝える、大切な品々を展示。

  • 9:00~17:00
  • 沖縄市立郷土博物館(沖縄市)
  • 入場料:0円