イベントの詳細

イベント一覧に戻る

沖縄のガラス – 吹きガラス工房 彩砂のグラスと器 -

NIPPON VISION MARKET
アート
4/3〜5/13開催
火曜日休廊
作家在店日:4/6(土)

アジア諸国との交易を通じ、早くから暮らしの中でガラス製品が用いられていた琉球。製造も明治時代中期には始まったと考えられている。その後、再生ガラスとしての「琉球ガラス」は、太平洋戦争後の資源不足のため、米軍基地で捨てられたコーラやビールの空き瓶を溶かして再生したことから始まった。現在もその姿勢は受け継がれ、泡盛をはじめとするガラス瓶などを素材として生み出されている。吹きガラス工房 彩砂のグラスや器、今年は型吹きをテーマに紹介。ベースとなる型は二つだけ。基準があるからこそ、そこから様々な形状生まれる。

※期間中に日本製の空き瓶(30cm以上1本、または30cm以下2本)を持参するとオリジナル箸置きをプレゼント。先着20名、一人1個限り。

小野田 郁子(おのだ いくこ)
1975年 東京生まれ
1995年 桑沢デザイン研究所 ビジュアルデザイン専攻卒業
1998年 琉球ガラスの名工 稲盛盛吉に師事
2009年 吹きガラス工房 彩砂(るり)開設
期間 2019年4月3日(水) ~ 2019年5月13日(月)
時間 11時00分 ~ 19時00分
料金 入場料/0円
問い合わせ D&DEPARTMENT OKINAWA by OKINAWA STANDARD
098-894-2112
場所

D&DEPARTMENT OKINAWA by OKINAWA STANDARD

沖縄県宜野湾市新城2-39-8 2F

地図