イベントの詳細

イベント一覧に戻る

LD・ADHD等の心理的疑似体験プログラム

読む・書く・計算する・聞く・話す・不器用さ
講演・研修
講師:盛山諭(特別支援教育士認定協会認定 認定番号01059)

心理的疑似体験プログラムとは、LD、ADHDなどのある子どもが示す困難さについて、体験を通して理解するプログラム。また、その困難さ故に子どもたちが経験する心理状態、例えば「焦り」「苛立ち」「不安」などをあわせて体験することで、日常生活で子どもが示す行動の背景ととなるものについても理解を深め、子ども一人一人の状態に応じた支援に役立てる。主な項目は「読む」「書く」「計算する」「聞く」「話す」「不器用さ」となっているが、それぞれの項目について、学校生活でLD等のある子どもが経験するであろうと想定される困難さを取り上げた。子どもたちが日常体験している困難さを心理的に疑似体験することで、どのような支援があればよいかについても考える。
開催日 2018年6月17日(
時間 14時00分 ~ 16時30分
料金 受講料/2,000円(沖共済 生涯能力開発助成金申請可)
問い合わせ LD学会国頭支部
090-9585-8734
場所

名護青少年の家

沖縄県名護市名護5511

地図