イベントの詳細

イベント一覧に戻る

石川・宮森小ジェット機墜落事件60周年 記者座談会

講演・研修
1959年6月30日に発生した石川・宮森小ジェット機墜落事故。事故当時、現場にいち早く駆けつけた地元2紙の記者たちは、米軍がフイルムを没収しようとするのに抵抗して貴重な写真を残した。当時の記者たちがどのような状況下で取材をしたのか、59年後にしてはじめてその実相を語る。さらに、2009年の50周年の際には、地元2紙とも遺族や被災者の取材をもとに特集を組んでいるが、当時担当した現役の記者たちがどのような思いで取材にあたったのか、来年事故から60年を迎えるなかで、記者の目から見た宮森小ジェット機墜落事件の実相に迫る。

●座談会

当時の記者
森口豁(当時琉球新報/ジャーナリスト)
上原直彦(ラジオディレクター「民謡でちゅううがなびら」)
池原善福(沖縄タイムス)

現役の記者
比嘉基(琉球新報/50周年を取材)
天久仁(沖縄タイムス/50周年を取材)
土江真樹子(TVディレクター/40周年で米軍の事故報告書を明らかにした)

[出演]森口豁(ジャーナリスト)/上原直彦(ラジオディレクター「民謡でちゅううがなびら」)/池原善福(沖縄タイムス)/比嘉基(琉球新報)/天久仁(沖縄タイムス)/土江真樹子(TVディレクター)
開催日 2018年6月16日(
時間 14時00分 ~ 17時00分
料金
問い合わせ 石川・宮森630会
090-8293-8615
場所

うるま市立石川地区公民館

沖縄県うるま市石川曙2-1-52

地図