パソコン・スマホ・タブレットで紙面が読める いつでもどこでも沖縄タイムス電子版

理由1

沖縄の真実は、沖縄の新聞で

日米安保・米軍基地・尖閣問題・観光・インバウンド・IT・少子高齢化健康長寿-など、沖縄が抱える課題は日本全体にとっても大きな問題です。日本の縮図ともいえる沖縄をウオッチするには沖縄の新聞が一番。硬派な記事だけでなく、グルメやイベント情報、告別式案内まで暮らしに密着した情報も満載です。

理由2

新聞も読んでいる人はプラス300円
デジタルで読みたい人は3,375円で

毎月の沖縄タイムス購読料に300円を加えるだけで、電子新聞や告別式案内、子ども新聞ワラビー、住宅新聞などの副読紙(有料)と公式サイトの沖縄タイムス+プラス、号外などがお読みいただけます。県外・海外から時差なく電子版を読みたいという方には、デジタル購読者プラン(月額3,375円)がオススメです。

Androidをご利用の方は
こちらからダウンロード
Google Play
iOSをご利用の方は
こちらからダウンロード
App Store

理由3

専用の電子新聞アプリで快適に紙面をチェック!

沖縄タイムス専用アプリをダウンロードすると、スマートフォンやタブレットでニュースを快適に読むことができます。最新の機能を備えたビューワーは紙面の拡大・縮小、ページ移動もスムーズ。スクラップやプッシュ通知などの便利機能や、1契約で5端末が同時接続できるなどご家族全員便利にお使いいただけます。

ウェブから簡単にご登録。すぐにお使い頂けます。

お申し込みはこちらから 電子版・会員登録に関するお問い合わせ 【沖縄タイムスしまパス事務局】TEL:098-917-0999 : 平日(土・日・祝日は除く)午前10時〜午後5時

沖縄タイムスってどんな新聞?

POINT1

定評ある報道力で受賞歴多数

地道な取材に基づく報道は県内外から高い評価をいただいています。デジタル技術を活用した報道にも積極的に取り組み、2016デジタルジャーナリズムアワード(ジャーナリズム・イノベーション・アワード)では最優秀賞を獲得しました。

POINT1

沖縄県内で圧倒的なシェア

1948年の創刊以来、権力と対峙し沖縄県民に寄り添った報道を続け、代表的な報道機関として県民の広い支持を受けています。県内市場では圧倒的なシェアを誇っています。

POINT1

スポーツ・伝統文化にも貢献

3万人が参加する国内有数規模のNAHAマラソンや、Bリーグ琉球ゴールデンキングスの支援、戦後沖縄の文化復興の中心となった「沖展」など、多方面で地元に貢献しています。

ウェブから簡単にご登録。すぐにお使い頂けます。

お申し込みはこちらから 電子版・会員登録に関するお問い合わせ 【沖縄タイムスしまパス事務局】TEL:098-917-0999 : 平日(土・日・祝日は除く)午前10時〜午後5時

沖縄タイムス電子版購読プラン紹介

電子版だけを読みたい方

デジタル購読者プラン:月額 3,375円(税込)

沖縄タイムス電子版のみを利用したい方におススメです。紙の沖縄タイムスは宅配されませんので、沖縄県のみならず、全国・海外からもご利用になれます。

お申し込みはこちら

既に沖縄タイムス購読者の方

購読者プラン:現在の購読料3,075円 +300円(税込)

既に沖縄タイムス購読者、または購読する方におススメです。毎月の購読料3,075円に300円追加すると、電子新聞はじめ、すべてのコンテンツ利用とサービスが受けられます。

お申し込みはこちら

ニュースやメール速報のみ読みたい方

ニュースサイトプラン:月額 500円(税込)

紙の沖縄タイムスや電子版の購読は予定していないが、ニュースやメール速報は受け取りたいという方にオススメです。スマートフォンやタブレットをよく使う方にピッタリです。

お申し込みはこちら

ウェブから簡単にご登録。すぐにお使い頂けます。

お申し込みはこちらから 電子版・会員登録に関するお問い合わせ 【沖縄タイムスしまパス事務局】TEL:098-917-0999 : 平日(土・日・祝日は除く)午前10時〜午後5時

有料プランのご案内

  1. ※1:紙面掲載の長文記事・解説記事・連載のほか、ウェブオリジナルのコラムや通信社配信の深堀り記事など。
  2. ※2:毎朝・毎夕に今日の主要記事をまとめたメール、重大事件発生時に速報メールなどを随時お送りします。
  3. ※3:ニュースサイトプランは有料記事の一部のみお読みいただけます。全ての記事を読むには購読者プラン、
    またはデジタル購読者プランをご利用ください。
デジタル購読者プラン
購読者プラン
ニュースサイトプラン
購読料 月額 3,375円(税込) 現在の購読料
月額 3,075円(税込)
+月額 300円(税込)
月額 500円(税込)
電子新聞 ×
有料記事 ※1 ※3
速報メール ※2

ウェブから簡単にご登録。すぐにお使い頂けます。

お申し込みはこちらから 電子版・会員登録に関するお問い合わせ 【沖縄タイムスしまパス事務局】TEL:098-917-0999 : 平日(土・日・祝日は除く)午前10時〜午後5時

沖縄タイムス電子版は たくさんの方に好評いただいています!

川村 健一さん

「どこでも読める魅力」 演奏旅行にも欠かせない

「北谷町障がい者活動支援センターたんぽぽ」施設長で介護福祉士の川村健一さん(41)は ピアノと唄三線のユニット「ラコルド」で唄三線を担当するミュージシャンの顔も持つ。
「タブレットは毎日持ち歩いているので、都合の良い、ふとしたタイミングで新聞を読めるのが一番の魅力」と語る。インターネット全盛の時代。新聞はネットで十分と考え、実は講読を辞めようと思ったこともあるという。「そんな時に電子新聞の存在を知り、辞めるよりは電子版を試してみようと思いました」沖縄タイムス電子版は2013年の発刊直後から「デジタル購読者プラン」のヘビーユーザーだ。
障がい者支援施設を切り盛りする日々の傍ら、ミュージシャンとして県外や海外での演奏旅行も多い。世界中どこでも最新の沖縄タイムスが読めるのも電子版ならでは。ヨーロッパでの演奏活動の際に高江ヘリパッドの報道に触れ、旅先からも沖縄のニュースを追いかけた。
「電子版アプリができて、プッシュ通知が来るので利用しやすくなりました。地域面の何気ない話題もお気に入りですが、芸能面でミュージシャン仲間の記事を見つけることもあります。」次の海外演奏の予定も決まった。忙しい日々の中で電子版の便利さを感じている。

谷川 雅依子さん

「雑談力も身に付いた」 仕事と子育て 合間にアプリ

携帯電話販売業のウィルコム沖縄(那覇市)で働く谷川雅依子(あいこ)さん(34)は、仲本 栄章社長の言葉をきっかけに、今年5月から電子新聞の購読を始めた。
出社前に全ページの見出しを流し読みし、気になる記事をチェック。帰宅後は息子の昊優(こう)ちゃん(5)を寝かしつけてから、再びページをめくる。
「紙だと時間がないとじっくり読めない。でもアプリなら、隙間時間でどこでも読むことができる。そこが魅力」
仕事と子育てに追われる日々。「テレビでは子どもが見る番組しか見なくなり、ニュースに触れることもなくなった。いつの間にか世間のことが分からなくなっていた」と振り返る。
今、気になる記事は、通信業界の動向、環太平洋連携協定(TPP)、観光関連など。子どもの貧困問題の記事も興味深く読んだ。人生で初めての新聞購読で「明らかに情報量が変わった。社長の話にもついていけてます」と語る。
会社の朝礼では、気になった新聞記事を紹介している。同僚とは同業他社の話題で盛り上がる。「新聞を読むことは自分の教養のためでもある。雑談力も身についてきましたよ」

坂野 徹さん

「沖縄もっと知りたい」 研究生活のお供に電子新聞

「もっと沖縄のことが知りたくて」と話すのは、日本大学経済学部教授の坂野徹さん(55)。専門は科学史で、戦前のパラオにあった熱帯生物研究所と沖縄の関わりなど、近代日本と科学の在り方を研究。5月から来年2月まで、沖縄で在外研究に従事している。
那覇市に住まいを決め、“プチ移住生活”のお供に選んだのは沖縄タイムス電子版だ。収納・整理などを考えて電子版単独の「デジタル購読者プラン」に加入した。「ほら、単身赴任だと紙の処分が大変でしょ」
自宅ではiPad、外出時にはiPhoneと使い分けている。「見たい時にチラッと見られるかのがいいですね」。タブレット・スマートフォン専用アプリが登場し、操作性や紙面の読みやすさが向上したという。「沖縄では機会がないけれど、電車通勤だったら便利でしょうね。本土に住む県出身者にもいいんじゃない」と話す。
職業柄、よく目を通すのは文化面や読書面。「東京の新聞に比べ充実している印象がある。それだけ沖縄の人は自分たちの文化を大事にしているんでしょうね」
編著者として「帝国を調べる 植民地フィールドワークの科学史」を2月に出版した。研究者として「興味が尽きない」という沖縄で、探求と思索の日々はまだ続く。

ウェブから簡単にご登録。すぐにお使い頂けます。

お申し込みはこちらから 電子版・会員登録に関するお問い合わせ 【沖縄タイムスしまパス事務局】TEL:098-917-0999 : 平日(土・日・祝日は除く)午前10時〜午後5時

ご検討中の方からいただく質問

電話かファクスで申し込みたい。

申し込みの際には個人情報の登録が必要です。お間違いがないよう、ご自身の手でパソコンから入力し、登録していただきます。

家族で利用したいが、全員登録しなければならないか?

ご家族の誰かがご契約いただければ、同居家族に限り最大で同時に5人まで閲覧できます。

会社や団体でも申し込めますか?

個人の方のみのサービスとなっております。会社や団体名義でのご利用はできません。ご了承ください。

県外、国外からでも利用できますか?

県外、国外いずれも利用できます

支払いはどうすればいいですか?

クレジットカードおよび、自動振替に対応しております。販売店による集金には対応しておりません。

無料期間はありますか?

初回申し込み時に限り、お申し込みされた当月と翌月までの2か月のみ、無料でご利用いただけます。

新聞の購読料もまとめてクレジット決済してほしい。

新聞の支払いをクレジットに代える手続きは、宅配している販売店か沖縄タイムス読者局(フリーダイヤル0120-21-9674)でお受けいたします。

記事や告別式広告は全部読めますか?

電子新聞は紙の新聞を画像にしたものです。基本的には同じ内容ですが、契約の関係などで、一部の記事や広告を伏せて掲載することがあります。

いつまで読めますか?

朝刊は掲載日から1カ月間は読むことができます。12月1日の紙面は12月31日までご覧になれます。

ウェブから簡単にご登録。すぐにお使い頂けます。

お申し込みはこちらから 電子版・会員登録に関するお問い合わせ 【沖縄タイムスしまパス事務局】TEL:098-917-0999 : 平日(土・日・祝日は除く)午前10時〜午後5時

ご利用に当たって (対応環境・諸注意・免責事項)

「沖縄タイムス電子版」「沖縄タイムス+プラス」は、パソコン、スマートフォン、タブレット向けのサービスです。一部の古いパソコン、従来型携帯電話ではご利用頂けませんのでご注意ください。

■ご利用推奨環境

パソコンをご利用の場合
  1. (1)OS:Windows 7 以上、Mac OS X 10.9 以上
  2. (2)ブラウザ:Internet Explorer 最新版、Chrome 最新版、Safari 最新版(Macのみ)
  3. (3)設定:JavaScriptが「有効」:Cookieを「受け入れる」
  4. (4)プラグイン:Adobe Flash Player 最新版
iPhone、iPad、iPod Touchをご利用の場合
  1. (1)OS:iOS 9 以上
  2. (2)ブラウザ:OS標準のブラウザ
Androidスマートフォン、Androidタブレットをご利用の場合
  1. (1)OS:Android OS 4.4 以上

ウェブから簡単にご登録。すぐにお使い頂けます。

お申し込みはこちらから 電子版・会員登録に関するお問い合わせ 【沖縄タイムスしまパス事務局】TEL:098-917-0999 : 平日(土・日・祝日は除く)午前10時〜午後5時