しまくとぅば新聞「うちなぁタイムス」Podcast

 沖縄タイムスは、しまくとぅば新聞「うちなぁタイムス」を毎日曜に掲載しています。記事で取り上げたしまくとぅばの音声データを紹介します。

  •  ビジネス琉会話(17)ひやみかち編5
    紙面掲載日:2015/10/18
    自分のとるべき選択肢を決められない琉芸商事の新人伝戸。真剣に悩む姿は芸野親雲上(ぺーちん)の感動をよびますが…。
  •   「はいさい!」じゅん選手のしまくとぅば日記(39)
    紙面掲載日:2015/10/18
    しまくとぅばのお笑いで人気のじゅん選手。10月12日は久しぶりのドライブ。宜野湾で景色を満喫、沖縄そばも堪能したのですが、思わぬハプニングが…。友達と一緒だったらと思ったそうです。
  •  ビジネス琉会話(16)ひやみかち編4
    紙面掲載日:2015/10/11
     琉芸商事の新人伝戸。芸野親雲上(ぺーちん)は、失恋を乗り越えようと頑張る伝戸を焼き肉屋へ連れていきます。そこで芸野を待ち受けていたのは…。
  •  「はいさい!」じゅん選手のしまくとぅば日記(38)
    紙面掲載日:2015/10/11
    しまくとぅばのお笑いで人気のじゅん選手。日々の出来事をしまくとぅばの日記で綴ります。10月4日は、野國総管祭りの司会を務めました。芋の歴史を意識しながら、しまくとぅばで司会をやり通しました。
  •  しまくとくとぅば通信員(42)
    紙面掲載日:2015/10/11
    「しまくとぅば通信員」は自分にとっての1番のニュースをしまくとぅばで語ってもらうコーナーです。名護市の宮里健一郎さんが、新生児の誕生を祝う「キリシタン」についてお話します。
  •  ビジネス琉会話(15)ひやみかち編3
    紙面掲載日:2015/10/04
    琉芸商事の芸野親雲上(ぺーちん)と新人社員伝戸。しまくとぅば新聞「うちなぁタイムス」掲載中「ビジネス琉­会話」の漫画で、日常に使えるしまくとぅばを学んでみませんか。
  •  「はいさい!」じゅん選手のしまくとぅば日記(37)
    紙面掲載日:2015/10/04
    しまくとぅばのお笑いで人気のじゅん選手。日々の出来事をしまくとぅばの日記で綴ります。9月26日は、所属するオリジンのライブで、若手芸人がデビュー。沖縄のお笑いをもりあげようと気持ちを新たにしました。
  •  ビジネス琉会話(14)ひやみかち編2
    紙面掲載日:2015/09/27
    琉芸商事の芸野親雲上(ぺーちん)と新人社員伝戸。今回は伝戸がライバル社の社員とデートに出かけました。いいところを見せようとしたのですが…。しまくとぅば新聞「うちなぁタイムス」掲載中「ビジネス琉­会話」の漫画を公開します。
  •  「はいさい!」じゅん選手のしまくとぅば日記(36)
    紙面掲載日:2015/09/27
    しまくとぅばのお笑いで人気のじゅん選手。9月18日。渡名喜村で司会に挑戦しました。しまくとぅばで先輩方々に笑ってもらうのが一番難しいそうです。打ち上げでは、ヒサガタガターするほど、踊ったそうです。
  •  しまくとぅば通信員(41)
    紙面掲載日:2015/09/27
    「しまくとぅば通信員」は、自分にとっての1番のニュースをしまくとぅばで語ってもらうコーナーです。第41回は南城市の新垣節さんが、旧八月十五日のウガミと十五夜遊びについてお話します。
  •  「はいさい!」じゅん選手のしまくとぅば日記(35)
    紙面掲載日:2015/09/20
    しまくとぅばで人気のじゅん選手。9月13日は、しまくとぅばを使おうという催しに出演しました。若者がしまうとぅばを学ぶためには、先輩たちと話すことが一番だといいます。どんな風に話しかけたらいいのでしょうか。
  •  ビジネス琉会話(13)ひやみかち編1
    紙面掲載日:2015/09/20
    琉芸商事の芸野部長と若手社員伝戸の会話を通して、 日常に使える琉歌や組踊の唱えを学んでみませんか。 「ビジネス琉会話」をデジタル紙芝居で公開します。
  •  「はいさい!」じゅん選手のしまくとぅば日記(34)
    紙面掲載日:2015/09/13
    しまくとぅばで人気のじゅん選手。9月2日は、地元北中城村の敬老会でお笑いを披露しました。先輩方が思う存分笑う元気な姿に、うれしかったそうです。全編しまくとぅばのお笑いネタとは何だったのでしょう。
  •  「はいさい!」じゅん選手のしまくとぅば日記(33)
    紙面掲載日:2015/09/06
    しまくとぅばで人気のじゅん選手。中2までは一人っ子で、子どものころから絵を描くのが大好きでした。お笑い紙芝居に登場するあのキャラクターも、その時生まれたそうです。
  •  しまくとぅば通信員(40)
    紙面掲載日:2015/09/06
    「しまくとぅば通信員」は、自分にとっての1番のニュースをしまくとぅばで語ってもらうコーナーです。第40回は宮古島市の下地初枝さんが人頭税廃止の中村十作が縁となった、新潟県との交流をお話します。
10